京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

◆四条通り×BLEACH

【はじめに】

京都は、「通り」の名前に特徴があります。

その中でも、1番分かりやすいのが「○条通り」。

北から南に数字が大きくなっていくんですが、

平安京時代、一条から九条通りまで作られ、今は十条通まであります。

 

 

これらの通りの中で、

もっとも有名で人通りが多いのが、

四条通

八坂神社、祇園もこのあたりです。

 

 

対して、最も目立たない通りが、

六条通

「幻の六条通り」と呼ばれるほど静かです。

京都民でも話題にあがることはまあないでしょう。

 

 

 【本題】

さて、1〜10と聞けば、思い浮かべるのは

そう、十刃[エスパーダ]ですよね。

 

○人衆とか、強い奴何人か集めました、みたいなの絶妙に中2感があって大好きなんですよね。

 

エスパーダなんて、名前も中2で、それぞれの設定も中2で、スペイン語の技名使って、もう最高じゃないですか。

 

 

それでは、一条〜十条で1番栄えている四条に対応する、No.4 [クアトロエスパーダ]は誰か。

 

ご存知、ウルキオラ・シファーですね。

 

いや、一護との関わりといい、与えられた特別な力といい、ストーリーへの影響力といい、非常にマッチしている。

 

 

では逆に、最も目立たない六条通りに対応する、No.6[セスタエスパーダ]は誰か。

 

ご存知、グリムジョー・ジャガージャックですね。

 

 

いやいや、

目立ちまくっている。

個人的には断トツでカッコいい。

敵キャラなのに誇り高くて仲間想いで1番憎めない奴。

全くマッチしない。

が、それはそれで逆に覚えやすい。

 

とても好感の持てる敵キャラが最終味方として再登場する流れ、最高。1番カッコいい。

 

 

【まとめ】

1番目立つ通り=ウルキオラ

1番目立たない通り=グリムジョー

です。

 

※ザエルアポロはザエルアポロまでしか覚えてないのに、アーロニーロ・アルルエリってアーロニーロ・アルルエリですよね。