京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

◆知恩院×NARUTO

【はじめに】

京都でもトップクラスに有名な場所、祇園

そこにこれまた多くの参拝者を誇る、八坂神社があります。

 

今回紹介するのは、そのおとなり、

知恩院

です。

 

紅葉や雪景色、さらにはライトアップまで、色んな美しい姿を見せる知恩院

また、高いところにある知恩院へ向かう坂道は、「男坂」・「女坂」として有名です。

 

ちなみに、

男坂=急勾配の坂

女坂=なだらかな坂

で、京都各地に存在します。

また、知恩院男坂は『ラストサムライ』のロケ地になり、世界的にも有名です。

 

 

今回は、そんな知恩院の、「門」に注目します。

 

お寺の門は、昔から「山門」と呼ばれてきました。これは、お寺が山に多いからです。そのままですね。

 

しかし、知恩院の門は、同じ読み方でも、漢字が違います。

三門」と書くのです。

 

 

これは、知恩院の門が、

【空門】【無相門】【無願門】

という、仏教の3つの悟りを開く門に通じているからだと言われています。

 

大雑把に言うと、

空=絶対的な存在などない

無相=差別がない

無願=私利私欲がない

といった感じでしょうか。

 

 

この三門、知恩院だけではなく南禅寺などにもあり、かつ由来や意味も諸説ありますので、あしからず。

 

 

【本題】

さて、3つの門と言えば、

 

もう【三重羅生門】しか思いつかないですよね。

 

 

牙狼牙を防ぐために、「大蛇丸様を守るため」のとっておきを、左近・右近が自分のために使ったのが初登場。

 

その後、尾獣化ナルトの尾獣玉を防ぐために、その大蛇丸自らが口寄せしたのが、そう、三重羅生門

 

ちなみに、初代火影は最強なので、五重羅生門を使うんですが、個人的に、インパクトは三重羅生門が1番大きかったです。

 

なんやかんやでサスケ奪還編が1番好きで、そこで使われた術がパワーアップして再登場した、それだけでぶちあがりました。

 

土遁・土流壁、水遁・水陣壁など、シンプル壁作り術は色々ありますが、自分が防御術1つ覚えられるなら、口寄せ・羅生門がいいかな。

 

 

【まとめ】

お寺の門=「さんもん」には、『山門』と『三門』があるよ。

 

※やっぱり、砂隠れが助っ人に来てくれたシーンがNARUTOトップ5に入るほど好きなのです(原画展で複製購入済み)が、サスケ奪還編でそれよりも好きなのは、「どうせ避けきれないのだから、わざと受ける覚悟を決めた」ネジの闘いです。