京都×漫画

漫画と絡めて、京都旅行・観光がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【難読地名と雲の守護者】雲母坂×家庭教師ヒットマンREBORN!

「雲母坂」って何て読む?

京都には、なんて読むのこれ?という地名がたくさんあります。

その中の1つ、

雲母坂

これ、なんと読むでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は、「きららざか」と読みます。

この雲母坂、かの有名な比叡山延暦寺へと向かう坂道なのですが、

比叡山のふもとは雲ができやすく、その雲が太陽に照らされ、キラキラと光る様子

からこの地名がついたといいます。

なんというか、メルヘン?な地名の由来ですね。

「キラキラしてる坂だからきららにしようぜ!」ってこと…ですよね?

最強の守護者、雲雀。

f:id:ARSHAVIN:20210628152054j:image

さて、雲と言えば、

雲の守護者

つまり、雲雀恭弥

人気ありすぎ。

そして、それも納得。

シンプルに強い

やるときはやる。

それ故に憎たらしさも許せる。

アラウディも含め、

歴代みても、雲の守護者は守護者の中で最強という設定もいいですね。

雲雀の好きなカキ氷は、宇治金時らしいのですが、思わぬところで京都との繋がりが。本場宇治の宇治金時はとても美味しいですよ。

 まとめ

雲母坂、由来を知れば読み方を忘れることはないですね!

※個人的にヴァリアーが好きで(ザンザス、スクアーロが集中的に)、なんとかねじ込みたい。

★オススメ観光地★

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info