京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

◆【お題】BORUTO×おじいちゃん・おばあちゃん

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

f:id:ARSHAVIN:20200923193859j:image

 

●はじめに

 今、BORUTOが熱い。

 

そう、私にとって史上No.1の漫画、NARUTOの続編。

f:id:ARSHAVIN:20200923193937j:image

 

続編に抵抗がある気持ちも分かります。

岸本先生が作画しているわけではないのでなおさらです。

 

 

 

しかし、そんなことを凌駕するほどの激熱の展開が待っています。

ナルトの子、ボルト。

サスケの子、サラダ。

この2人の成長を見ていると、ナルトとサスケの成長をもう1度見れるようで、とにかくワクワクします。

 

 

個人的には、

映画の内容をなぞった最初の方の巻はあんまりでしたが、

あの懐かしの忍が再登場したあたりから楽しみで仕方なくなりました。

 

 

そして、成長するにつれて、

『次世代』達が使えるようになる術がもう...

 

「そこでその術を使うのか、おい、それは熱過ぎて心臓もたな...」

って感じになります。

 

 

●驚愕の事実

さて、上記のようにボルト達の活躍を楽しみにしている私ですが、冷静になると驚愕の事実に辿り着くのです。

 

ボルトはナルトの息子。

ナルトはミナトの息子。

 

そう、

ミナトは『ボルトのおじいちゃん』なのです。

同様に、クシナは『ボルトのおばあちゃん』なのです。

 

 

なんてことだ...

あのビジュアル最強夫婦がおじいちゃん・おばあちゃんになる時代が来るなんて...

 

 

生きていればどのような年齢の重ね方をしていたのでしょうか...

 

 

ミナトは相変わらず優しすぎるほど優しいおじいちゃんだったことでしょう。

クシナは厳しいけどそれは愛情があるから、パターンのおばあちゃんでしょうか。

 

きっとボルトのことを可愛がったに違いありません。

 

 

 

NARUTOの世界には、『口寄せ・穢土転生』という死者を蘇らせる術がありますが、それは生前の姿で蘇ります。

 

おじいちゃん・おばあちゃんになった2人はもう見ることはできないのでしょう...

 

 

●まとめ

私が少年のころから追いかけてきたNARUTOは、遂にミナトの孫が主人公になるところまでやってきました。

 

自分も大人になったなぁと時の流れを感じますし、

これほど長い間楽しませてくれる漫画に出会えたことを嬉しく思います。

 

NARUTO最高。