京都×漫画

漫画と絡めて、京都旅行・観光がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【名言・名場面クイズ】鋼の錬金術師②

まえがき

鋼の錬金術師は、涙の見せ方・使い方が非常に上手いと思っています。

そこで、登場キャラが『涙』している場面のうち、印象深い場面をピックアップしてクイズにしました!!

セリフの空欄に当てはまる部分をお答えください。

全5回あります!!

それぞれ、巻数も記していますので、読み返したくなった方はすぐに!!

ブログの画像は、その場面が収録されている巻になっています!!

f:id:ARSHAVIN:20200929195537j:image

なんて綺麗な涙なんだ…。(10巻)

*ここでピックアップしたのはセリフがない場面なのでクイズはありません

序盤戦のキーポイント、ラスト戦。

ハボックが、脊髄を刺され重傷。動くことすら出来ない。

マスタングは、腹を刺され重傷。

ホムンクルスの秘密を垣間見せ、その強さを読者に思い知らせた後、ラストはホークアイ・アル・バリーと対峙。

 「マスタングを殺した」と聞かされたホークアイは、我を忘れてラストに銃を打ち込む。

そして、弾が尽きた後の『涙』。

 

⇩一言コメント

このシーンで感じたことは、
「綺麗」

だなってことです。

とても綺麗に泣く人だ、そう思いました。

いつも冷静なホークアイだからでしょうか。
まるでロボットのようだったホークアイの人間味を感じられたのかもしれません。

泣きじゃくっても良い場面ですし、一周して無の表情になってもおかしくありません。

それでも、あのホークアイの泣く姿を描いた荒川先生の意図は…

あれほど綺麗な涙は、本当に印象深い。

あんな風に泣くのってめちゃくちゃ難しいよ、実際。

『溢れ出た涙が頬を伝う』、そんな表現が似合う素晴らしい場面をピックアップ。

別れの涙は、見せない。(10巻)

ロス少尉が軍上層部の陰謀で犯罪者に。

マスタングの機転で命は助かったものの、アメストリス国内にはいられなくなり、シン国へ旅立つことに。

その旅立ちの場面。

「シンはどんな国ですか」

とフーに尋ねるロス。

後頭部からのアングル。

フー

「この砂漠越えがなかなか苛酷でナ」

「気をつけろヨ」
今からあまり水分を浪費するナ

と答えるフーの横で、
『涙』を流すロス。

 

⇩一言コメント

一夜のうちに犯罪者にされ、国を追われ、家族や友人には死んだと思われたまま…

度々度胸を見せてきたロスも、やはりあの状況は辛かったのでしょう…

強くあろうとする女性が、限界を超えて見せる涙には心動かされるものがあります。

そして、
フーのフォローの秀逸さ。

「おいおい、泣くなよ。」

じゃなくて、

「水分を浪費するな。」

ですよ?

強くあろうとしたロスの気持ちを汲み取って、「泣いている」ことに直接触れず、落ち着かせようとするフォローの秀逸さ。

いや、『粋』と言うべきでしょう。

ロスの溢れ出す想いと、フーの粋なフォローに心打たれた名場面。

最強の女性が見せた、温かい涙。(11巻)

エドが、自分のトラウマである、人体錬成の痕と向き合って、得た確信。

自分達が錬成したのは、母ではない。

死んだ者を蘇らせることはできない。

だからこそ、アルの魂は生きている。

それを確かめるために、人体錬成について聞かれたイズミ。

そして、イズミもまた、トラウマと向き合って、確信を得たのだ。

イズミが錬成したのも、自分の子どもではなかったと。 

 

アル

「兄さん ありがとう ボクは母さんを殺してはいなかった…

 

そして、電話越しのイズミ。エドに対して、

「ありがとう」

電話が切れた後、夫の前で『涙』を流すイズミ。

「救われた気がするんだ」

私はあの子を二度殺してはいなかった…!

 

⇩一言コメント

イズミがどれほどの後悔、罪の念を抱いて生きてきたのか。
内臓を持っていかれ、血を吐き出す度に、戒められる心と身体。

1番辛かったことは、

内臓を持っていかれたことじゃない。

二度と子どもを産めない体にされたことじゃない。

自分の子どもをもう一度殺めたということ。

何年も、その苦しみに苛まれてきたのでしょう、

エドによって『解放された』ことが、ストレートに伝わってくる、名場面。

番外編:真理について

その後に、真理について語るイズミ。

涙とは関係ありませんが、物語のキーとなる名言を紹介。

「私は二度と子供を望めぬ身体にされ」

「家族のぬくもりを求めたあの兄弟は…」

「アルは何も無い孤独の世界へ全てを持って行かれ」

「エドはただ一人の家族立ち上がる足を持って行かれた」

真理は残酷だが正しい

★他の回はこちら★

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info