京都×漫画

漫画と絡めて、京都旅行・観光がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【滅却師の城・真世界城】二条城×BLEACH

二条城のびっくり情報!

京都17の世界遺産のうち、唯一の『城』。

それが、二条城です。

さらに、国宝にも指定されており、

姫路城・松本城・彦根城・犬山城

を含めた、全国に5つしかない国宝城の1つです。

徳川幕府最後の将軍、慶喜が大政奉還をしたことで有名ですね。

歴史の教科書にも必ず登場します。

 

そして、こちらはあまり知られていませんが、現在の二条城を建てたのは、そう、徳川幕府初代将軍、家康なのです。

つまり、二条城は、

徳川幕府初代将軍が建て、最後の将軍が幕府を終わらせた場所なのです。

 

そんな歴史的な二条城、特別名勝に選ばれるほど庭も素晴らしく、桜をはじめ、各季節それぞれの風景を楽しむことができます。

特に、ライトアップには力を入れていて、非常にオススメですよ。

 

さて実は、二条城と呼ばれる城は「もう一つ」ありました。

わかりやすい様に旧二条城と呼称しましょう。

二条城からわずか1kmあまりのところに、旧二条城はありました。

二条城より少し小さいが、相当立派なお城だったようです。

今では、平安女学院という大学の中に跡を示す石碑があり、復元された石垣の一部が二条城の中に保存されています。

そんな旧二条城を建てたのは、あの織田信長

そして、旧二条城が焼失したのは、本能寺の変のとき。

 

旧二条城を建てたのは、織田信長。

二条城を建てたのは、徳川家康。

なんだ、このオールスター感は。

ちなみに、豊臣秀吉も桃山の地に伏見城を建てています。

 

京都は平安京のイメージが強すぎますが、おそらく日本史上人気No.1の織田・豊臣・徳川時代にも深いつながりがあるのです。

滅却師の城。

f:id:ARSHAVIN:20210628152850j:image

さて、城といえば

『真世界城』

読み方は「ヴァールヴェルト」。

霊王を葬った最強の滅却師ユーハバッハが、その力を取り入れ、霊王宮を潰して作り直した後、自身が居座る場所として築城。

 

その築城後のエピソード。

ユーハバッハに最も近い男、

ユーグラム・ハッシュヴァルト。以下ユーゴー

ユーゴーと幼馴染みで、辛い境遇にあり、共に最強の滅却師になろうと誓ったバズビー

共に一族や住む場所をユーハバッハに焼かれた2人は、復讐を決意するが、ユーハバッハに「選ばれた」ユーゴーは、バズビーを裏切る。

そして、滅却師が世界を滅ぼそうとする戦いの最中、『聖別』によりユーゴーはまたしても「選ばれ」、バズビーを含むほぼ全ての滅却師は「選ばれず」、ユーハバッハに吸収されることに。

かろうじて生き延びたが、またしても「選ばれなかった」バズビーは、ユーハバッハへの復讐を遂げるため、そして、過去からの因縁に決着をつけるため、ユーゴーへ戦いを挑む。

その最中、バズビーは問う。

「ここは銀架城じゃねぇのか」

*読み:ジルバーン

自分達が過ごしてきた城の名前も、姿も、もうない。知らない間に、真の世界なんて名前になっているではないか。「選ばれなかった」自分はその真の世界とやらに必要とされなかった存在なのだ…

あの裏切りの時から、ユーゴーに戦いを避けられ続けてきたバズビー。

何度挑発しても、それに乗ってくることはなかった。

ずっとバズビーは思い続けてきたのだ。

「俺と勝負しろ 俺はまだお前に敗けちゃいねえ」

そして、自身最大の技、バーニング・フル・フィンガーズを放つバズビー。

しかし、結局、それがユーゴーに届くことはなかった。

ようやく勝敗がついた因縁。

敗けを認めるバズビー。

「…俺の敗けだ ユーゴー」

 「…くそっ…」

 「思い通りにゃいかねえもんだな…」

 「…お前に敗けたら…」

 「もっと悔しいもんだと思ってたぜ」

(ユーゴーには敵わないと気づかない内に認めてしまっていたから、そう解釈しました。そこにプラスして、上手く言えませんが、友情の様なものが乗っかっている、そんな感じの受け止め方をしましたが… やはり、BLEACHは難解です。しかし、それ故に面白い。絵が抜群に上手いから、最小限のセリフと豊かな表情で語られるシーンが少なくない。このときのバズビーの表情、最高です。)

まとめ

滅却師の城は新旧どちらも by ユーハバッハ。

二条城は、新→ by 徳川家康、旧→ by 織田信長。

※バズビーみたいな熱い奴、嫌いじゃない。この千年血戦篇、全員カッコいいんです。でも、あえて今回は、滅却師のみでいってみました。

★オススメ観光地★

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info