京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

◆鹿ヶ谷×ジョジョの奇妙な冒険3部

【はじめに】

今回も、珍しい地名をご紹介。

 

場所の名は、鹿ヶ谷

「ししがたに」と読みます。

 

 

桜で有名な、哲学の道のあたりにあります。


東山のふもとにあたるこの場所で、鹿が迷った僧を助けるために道案内をした、という伝説から、この名が付きました。

 

 

この鹿ヶ谷は、

鹿ケ谷かぼちゃ

で有名です。

 

京野菜は、聖護院大根や賀茂茄子など、地名と組み合わさった名前が特徴的ですが、その仲間ですね。

 

ひょうたんのように、中心にくびれのある特徴的な形をしていて、表面はでこぼこしています。

 

煮崩れしにくく、京料理に欠かせない煮物にぴったりなのですが、現在では市場になかなか出回らず、高級料亭などに卸されることがほとんどです。

 

 

多分、私も食べたことないです。

知らずに食べてきた可能性はありますが。

ぜひ、これは鹿ヶ谷かぼちゃだ、と認識しながら食べてみたいものです。

 

 

【本題】

さて、鹿が道案内をしたという話を聞いて、鹿ではありませんが犬が道案内をした話を思いだしました。

 

そう、イギーです。

 

DIOを追ってエジプトまで来た承太郎一行は、あと一歩のところまで来ながら、DIOの館を見つけることに苦戦していました。

 

そこで、彼らを導いたのが、イギーだったのです。

 

 

イギーにとってはDIOなんてどうでも良かった。

 

でも、DIOの手下であるペットショップに前脚を片方奪われた。

その借りを返す決意を固めて、承太郎たちに協力したのです。

 

 

ペットショップと戦うあたりから、イギーカッコよすぎませんか?

もはや別キャラやん。

 

あんまり好きじゃないな、って思ってたのに、一気に大好きになりましたよ。

 

 

そしてヴァニラ・アイス戦ですよ。

 

もうね、感動しました。

 

ヴァニラ・アイスにボロカスに蹴られてるシーンなんて、見てられませんでしたが、そんな中でも笑ってみせるイギー。

イギーが死ぬ気で戦ってるのに、目を背けた自分が恥ずかしくなりましたよ。

 

 

そして、ポルナレフを守って死ぬなんて…

ずるいよ、イギー…

やっとお前のことを好きになったのに…

 

 

2部でシーザー・ツェペリが死んだときがそれまでの1番心震えたシーンでしたが、イギーによって更新されました。

 

イギー…

 

 

【まとめ】

鹿ヶ谷の由来は、承太郎たちを助けたイギー。

 

※イギーの顔、最初出てきた時と比べて、最期らへんイケメン過ぎませんか。覚悟を持った顔って感じで、内面のイケメンが滲み出てきたのだと思っています。