京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

善峯寺×ヒロアカ

【はじめに】善峯寺の伝説

今回ご紹介するのは、

善峯寺

「よしみねでら」と読みます。

 

山の中にあり、アクセスはなかなか大変…

強いて言うならJR向日町駅からバスですが、やはり車がオススメです。

 

しかし、山の中にあるからこそ、素晴らしい景色を楽しむことができます。

 

この善峯寺、平安時代からという長い歴史を誇るものの、応仁の乱でほとんど焼失してしまいました。

 


その後、徳川五代将軍綱吉の母・桂昌院が復興させたのですが、


その桂昌院が植えた樹齢300年以上のしだれ桜が特に有名です。


広い境内は起伏に富んだ地形で、唯一無二の景色を作り出していて、このしだれ桜を中心に、四季折々の素晴らしい景色を楽しむことができます。

 

 

そんな、善峯寺、平安時代より数々の伝説が残されているのですが、平成にもとある伝説を打ち立てました。

 

 

平成7年1月。

関西出身の方なら忘れることのない、阪神淡路大震災が起こったときです。


1台のバスが被災し、阪神高速の高架で、車両の前輪が落ちながらも、バスは宙吊りの状態で止まり奇跡的に乗客の方は助かりました。


このときのバスを写した写真は非常に有名だと思います。


その運転手さんが、善峯寺のお守りを持っていたことから、入試合格や交通安全など

「おちないお守り」

として評判になりました。

 

 

大惨事を寸前で食い止めた善峯寺のお守り。

 

京都では、学問の神様・菅原道真を祀る天満宮が合格祈願で有名ですが、善峯寺もまた違った角度から入試時のお守りとして重宝するのではないでしょうか。

 

 

【本題】雄英高校入学試験名ゼリフ集

雄英高校入学試験名ゼリフ集。

 

f:id:ARSHAVIN:20201105214221j:image

 

 

試験の概要をプレゼンするプレゼント・マイクが受験生に送った校訓。

 

「かの英雄ナポレオン=ボナパルトは言った!

『真の英雄とは人生の不幸を乗り越えていく者』と‼︎

"Plus Ultra"‼︎

それでは皆良い受難を‼︎」

 

校訓にかけて、「良い受難」にしてるところオシャレ。

 

 

 

 

動けなくなった麗日を助けるため、入試の得点に加算されない、「戦うだけ無駄」な大型ロボットに1人立ち向かう出久の姿を見て、オールマイト。

 

「メリットは一切無い」

「だからこそ色濃く」

「浮かび上がる時がある」

「ヒーローの大前提‼︎」

「自己犠牲の精神ってやつが‼︎」

 

 

 

 

試験終了時、ボロボロの出久を見てざわざわするモブども。その中で、飯田くんだけは…

 

「そこじゃないだろう 見ていなかったのか⁉︎」

「奴はあの女子を救わんと飛び出したんだ‼︎」

「残り時間…己の身の安全…合格に必要な要素を天秤にかけ…」

「それでも尚一切の躊躇なく‼︎」

 

 

 

 

実技試験、ポイント0。そんな試験から1週間が経った夕食時。出久のお母さんが放心状態の息子を見て…

 

「ちょっと大丈夫⁉︎ 何 魚と微笑み合ってんの⁉︎」

 

 

 

 

合格発表するオールマイト。

 

「人救けした人間を排斥しちまうヒーロー科などあってたまるかって話だよ‼︎」

「きれい事⁉︎上等さ‼︎」

「命を賭してきれい事実践するお仕事だ‼︎」

「合格だってさ」

「雄英が君のヒーローアカデミアだ!」

 

 

 

【まとめ】

きっと出久も持っていたんだよ。善峯寺のお守りを。

 

※きれい事、おせっかい、ヒーローがしていることはそういうものだと認めた上で、それを誇っているオールマイト、めちゃカッコいい。