京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【聖地巡礼】写真で辿る伏見稲荷大社・清水寺×五等分の花嫁

*この記事は2021年3月10日にリライトしました。

【基礎情報】伏見稲荷大社基礎情報

kyotomanga.info

伏見稲荷大社の写真盛りだくさん!!

 

【英語で京都案内】伏見稲荷大社を英語で紹介!

kyotomanga.info

 

【本題①】シスターズウォー in 伏見稲荷大社

 

f:id:ARSHAVIN:20210206154504j:image

 

さて、

五等分の花嫁で、京都が修学旅行先に選ばれていました。

 

伏見稲荷は、

シスターズ・ウォーの舞台の1つ。

 

そう、一花がやらかした場所です。

 

 

すごくさらっと状況をまとめると、五つ子のうち、一花、二乃、三玖が確定で家庭教師で同級生のフータローに惚れていて、誰がフータローをものにするか、どうやって出し抜くかって状況での修学旅行です。

 

 

一花が良くない方へ進みはじめているのは、読み進めるにつれて気づいていました…

まあ、だからって何もできない訳ですが。

 

それがついに明るいところへ晒されてしまった。良くないやり方で出し抜こうとしたのが、バレてしまった。

 

ライバルである二乃、そして三玖、四葉、さらにはフータローの信頼を失っていく一花は本当に見ていられなかった。

 

 

一花の行動もすごくわかるし、フータローへの気持ちからの行動だって思うと可愛ささえ感じるけれども、やっちゃいけない行動だとももちろん思う。

 

「蹴落とす」「裏切り」

 

を真っ先に行動に移したのが一花なんてなぁ…

 

 

 

一花が三玖を蹴落とそうとして、それが明るみになり、三玖が泣いてしまった後の二乃とのやりとりが、、、

 

「あの子を泣かせてこれで満足?」

 

 

「二乃にだけは言われたくないなぁ 温泉で言ってたじゃん 他人を蹴落としてでも叶えたいって」

 

「私と二乃の何が違うの? 教えてよ」

 

 

「確かにそう言ったわ 他の誰にも譲るつもりもない」

 

「でも」

 

「私たち五人の絆だって同じくらい大切だわ」

 

「たとえあんたが選ばれる日が来たとしても 私は… 祝福したかった…!」

 

 

「…っ」

 

 

 

 

この場面、ほんとに名場面です。

 

「教えてよ」の一花の表情は、もうダメな人の表情をしてた。あ、一花、終わってしまった…

 

そう思った矢先の二乃のこれ以上ない返答。

 

二乃、カッコいい。

リスペクトすら感じる。

いい大人ですが、高校生に敬意を抱きました。

 

なんとか関係は落ち着くのですが、この二乃の返答が物語においてキーポイントだったと思います。

 

 

これだけ可愛い五つ子ともなると、見ている方は「誰推し?」って話になります。

 

私は、この伏見稲荷でのニ乃が

1人の人間として素敵だな

と思ったので、誰推しかと聞かれればニ乃だと迷いなく答えます

 

全員ビジュアルは申し分ないのですから、中身が1番素敵だなと感じた、ニ乃が1番です。

 

まあ、順位をつけなければならないとしたら、の話で、5人とも最高ですけどね。

 

【本題②】写真で擬似聖地巡礼!

f:id:ARSHAVIN:20210206155018j:image

鳥居に驚く五つ子。

ニ乃「映えるわ〜」

 

f:id:ARSHAVIN:20210206155137j:image

四ツ辻。

f:id:ARSHAVIN:20210206155208j:image

四葉「道が二つあるね」

 

f:id:ARSHAVIN:20210206155312j:image

三玖四葉 → 右のルート

一花ニ乃五月 → 左のルート

 

一花、トイレでニ乃を出し抜き、走っていたけど、実際登れば分かる。

走るなんてとんでもない。

高校生の若さ、恐るべし。

 

一コマ出てきた、頂上の看板。

f:id:ARSHAVIN:20210206155812j:image

 

そして、三玖に変装した一花と、三玖四葉が遭遇してしまうところが…

f:id:ARSHAVIN:20210206155731j:image

ここ。

 

旗までリアルに描かれていてびっくり!

 

そして、上記の事件がここで起こります。

ニ乃が最高に素敵だった場面。

もちろん、一花の気持ちも、三玖の気持ちも理解してあげたい…

 

f:id:ARSHAVIN:20210206160051j:image

下山後一コマだけ描かれた本殿近くのとこ。

 

そして、

f:id:ARSHAVIN:20210206160202j:image

フータローと四葉がバスに乗り込んだバス停。

 

えっと、

伏見稲荷って、頂上まで登って下山したら相当きついんですよ。

まあ相当急いで1時間はかかります。

しかも、四葉は三玖を背負ってましたからね。

 

それで、その後みんなケロッとしてるじゃないですか…

 

思い出してみたら、自分も高校生のときはそうだったなと。

 

若さとはかけがえのないものです笑

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ページ数としては少ないものの、物語において重要な事件の舞台となった伏見稲荷大社。

 

写真じゃ満足できない、

って方はぜひ登山しに来てくださいね!!

 

おまけ:清水寺の聖地写真もお届け

本編では清水寺がとても大事な役割を果たしていますが、本記事ではおまけ。

f:id:ARSHAVIN:20210310172628j:image

これが本堂

 

f:id:ARSHAVIN:20210310172711j:image

少し分かりにくいですが、

フータローと五月がツーショットを撮った、

本堂からの景色。

 

f:id:ARSHAVIN:20210310172811j:image

ちらっと描かれた、地主神社

 

f:id:ARSHAVIN:20210310172903j:image

お守りを買ってたところ。

 

f:id:ARSHAVIN:20210310172924j:image

f:id:ARSHAVIN:20210310172932j:image

そしてこれが、例のお守り

実際手に取ってみると、なかなか感動します!!

 

*清水寺の紹介についてはこちら⇩

kyotomanga.info

 

 

【まとめ】

修学旅行で伏見稲荷行きたかった。

京都に住んでると叶わない夢。

 

繰り返しになりますが、

伏見稲荷でのニ乃は本当に素敵。

かっこよくて、頼もしかった。

 

*この巻の表紙の四葉ずるくね?

 

★オススメ記事★

●五等分の花嫁クイズ

kyotomanga.info

kyotomanga.info

●オススメアニメ紹介記事

kyotomanga.info