京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【1巻~中忍選抜試験】NARUTOクイズ

NARUTO 名言・名場面クイズ

今回はNARUTOについてのクイズ。

少年編の、中忍選抜試験までが範囲です。

NARUTOが好きなみなさんなら、絶対に楽しんでいただけるはず。

この記事を書いている私の自己満がハンパではないのですから。

基本的にヒントはなし。全部で10問。

当ブログのクイズの難易度はかなり高めです(友人証言)。

お一人で楽しんでいただくのはもちろん、ご友人やご家族と一緒にヒントを出し合いながらお楽しみいただくのもオススメです!!

f:id:ARSHAVIN:20210517040408j:image

問題編

①どの場面の誰のセリフか答えなさい。

「今はもうバケ狐じゃない」

「あいつは木ノ葉隠れの里の…」

「うずまきナルトだ」

答え➡1巻にて。ナルトをバカにされたイルカがミズキに対して放った一言。

 

②どの場面の誰のセリフか答えなさい。

「…それ以上は… 何も言うな…」

答え➡4巻にて。戦いの果てに白が死に、その亡骸をガトーが足蹴にしたときの、ナルトの「あんなことされて何とも思わないのか、白はお前のことが本当に大好きだったんだぞ」という問いかけに対して、再不斬が絞り出した、本音

 

③中忍選抜試験・第2の試験中、音忍に追い詰められたサクラが「決意を見せた」行動とは?

答え➡自慢の髪を自ら切った(6巻)

 

④第3の試験・予選。いのと戦うサクラは、いのに対して、強く傷つけるような言葉を投げかける。それを聞いたナルトは、「言い過ぎだ、いつものサクラちゃんじゃない」とつぶやく。そんなナルトに対して、カカシ先生が言ったサクラについての一言は?

答え➡「サクラはいたずらに自分の力を誇示したり…人を傷つけるような子じゃあない」「いのに容赦されたり手加減されるのがイヤなんだよ」(8巻)

 

⑤第3の試験・予選。ネジと戦い、圧倒的な差を見せつけられ、ボロボロになるが、それでも立ち上がるヒナタ。ヒナタが諦めない理由は?

答え➡憧れのナルトの前で、カッコ悪い姿は見せられないから。(9巻)

 

⑥第3の試験・予選。我愛羅VSリーの試合後、ガイが涙した理由は?

答え➡リーの、五門を開き手足をつぶされてなお立ち上がるという、自分の忍道を証明しようとする行動が、「気を失っていながら」の行動だと気づいたから(10巻)

 

⑦どの場面の誰のセリフか答えなさい。

「お前はオレと違って…落ちこぼれなんかじゃねーんだから」

答え➡12巻、第3の試験にて、ネジに勝った後のナルトの一言。

 

⑧第3の試験、シカマルVSテマリ。その試合後、シカマルが備えていると評された、「中忍になるために必要な資質」とは?

答え➡リーダーとしての資質(13巻)

 

⑨どうして千鳥はカカシとサスケ以外使おうとしない?言い換えれば、高速のスピードをもつリーでも、なぜ千鳥のような攻撃はできない?

*リーの解説が答えになります。 

答え➡写輪眼を持っていないから。もっといえば、直線的な攻撃は相手からのカウンターを受けるリスクが高く、それを見極める「目」がないと千鳥のような攻撃はできない。(13巻)

 

⑩我愛羅が導き出した、ナルトの強さの秘訣とは?

答え➡愛情(16巻)

NARUTOクイズ一覧

kyotomanga.info

漫画クイズ タイトル別一覧

kyotomanga.info

一言コメント・考察編

1巻にて。ナルトをバカにされたイルカがミズキに対して放った一言。

⇒ここから、全ては始まる。そして、イルカは常にナルトの中で大切な存在であり続ける。自来也が戦死したときのアイス、ペイン打倒後の「目の前に英雄がいます」、イルカからの手紙を飲み込むナルト… 忍としての純粋な強さでは存在感がなくなっていっても、イルカ先生とナルトの関係性は最後まで物語の重要な軸であり続けましたね。ナルトは最終的に里のみんなから認められ火影になります。数えきれないほどの人に愛情や信頼を注いでもらえるようになっても、「最初に」認めてくれた人をずっと大事にしているナルトの素敵な人間性が、イルカ先生を通して描かれていますね。

4巻にて。戦いの果てに白が死に、その亡骸をガトーが足蹴にしたときの、ナルトの「あんなことされて何とも思わないのか、白はお前のことが本当に大好きだったんだぞ」という問いかけに対して、再不斬が絞り出した、本音

⇒このVS白・再不斬戦は名勝負中の名勝負。NARUTOを名作にした戦い。ほんと泣ける。NARUTO好きのトークで避けては通れないのは、どの戦いが好きかという話題。NARUTO好きあるあるとして、「結局白・再不斬戦最高だったよね」という結論にたどり着きがちです。心底憎めるようなザ・悪役を主人公がぶっ倒す、そんな展開も悪くはありませんが、主人公が「戦い辛い」敵と戦う展開もとても面白いですよね。ヒロアカのジェントル・クリミナルといい、主人公が成長するために避けては通れないタイプの敵です。

自慢の髪を自ら切った。(6巻)

ここでようやくサクラが第七班の一員になった気がします。ここで見せた決意が、新たなる三竦みと称されるまでになる3人の伝説の始まりの1つと言えるでしょう。もう1つは、綱手に弟子入りするところ、かな。

「サクラはいたずらに自分の力を誇示したり…人を傷つけるような子じゃあない」

「いのに容赦されたり手加減されるのがイヤなんだよ」(8巻)

⇒しっかりと自分を見てくれている、この先生は本当に良い先生だな、そう思える一言。NARUTO好きの間でも、それほど名場面として記憶されているわけではない場面です。でも、私はカカシ先生のこのセリフが大好きです。このセリフが記憶に強烈に残っていたからこそ、同じく生徒のことをきちんと「見ている」イレイザーヘッドのことが大好きになった気がします。

憧れのナルトの前で、カッコ悪い姿は見せられないから。(9巻)

⇒その場の皆が戦いを止めようとする中、「止めるな」と叫ぶナルトもカッコよかったですね。ナルトはサクラと結ばれてほしかったという意見もあるでしょうが、この場面などを見ると、ヒナタがナルトと結ばれて良かったとも思います。どれだけボロボロでも、諦めない姿勢は人の心を打つものです。誰がヒナタのことをカッコ悪いだなんて思うでしょうか。

リーの、五門を開き手足をつぶされてなお立ち上がるという、自分の忍道を証明しようとする行動が、「気を失っていながら」の行動だと気づいたから。(10巻)

⇒このリーのシーンは名場面。トーナメント形式の勝負は基本どれも名勝負になりがちですが、この中忍選抜試験においてベストの勝負はこれかな… 「勝者、我愛羅」と宣言された後のリーのファイティングポーズは、読む者を震えさせる感動の姿ですね。

12巻、第3の試験にて、ネジに勝った後のナルトの一言。

⇒ネジを変えた一言。壮絶な運命の中にいたネジを救い出すのも、主人公の仕事。ヒロアカの話ばかりして申し訳ありませんが、デクVS轟を見たときこの戦いを思い出さずにはいられませんでした。堀越先生のインタビューで、岸本先生からアドバイスをもらったと聞いて納得。ナルトVSネジ、デクVS轟、どちらも大好きです。

リーダーとしての資質。(13巻)

⇒すなわち、犠牲やリスクと任務を天秤にかけて、生き残ることを第一に考えられるかどうか。そんなことより、ここからシカマルとテマリの関係は始まっていくのです。この勝負を描いていたときから二人の将来が思い描かれていたとしたら、頭が上がりません。

写輪眼を持っていないから。もっといえば、直線的な攻撃は相手からのカウンターを受けるリスクが高く、それを見極める「目」がないと千鳥のような攻撃はできない。(13巻)

⇒まさかカカシの過去回想篇でここが回収されるとは…お手上げです。そう、カカシが千鳥を編み出して、ミナトに使うなと言われる場面のことです。

愛情。(16巻)

これに気づいたことが、誰からも慕われる風影となり、忍連合をまとめあげるまでになる我愛羅の、第一歩。カンクロウとテマリに謝ったシーンから、我愛羅は別人です。そうして、他の誰かに必要とされるために全てを捧げた我愛羅への贈り物が、「母親から愛されていたという事実」というわけですね… 我愛羅が人気キャラになるわけだ。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

いや、10問にするの難しすぎです。

名場面だらけで困りますね…

第4問は少し難しいと思いますが、個人的に大好きな一言だったのでノミネートしました。

コメントでも触れましたが、体育祭が、この中忍選抜試験を連想させたからこそ、私はヒロアカにはまったのです。

NARUTOっぽさが感じられるか、それがハマる/ハマらないの分かれ目の1つになるほど、NARUTOが好きです。