京都×漫画

漫画と絡めて、京都旅行・観光がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【カカシ先生は・・・】石像寺×NARUTO

釘抜地蔵の伝説

北野天満宮のあたりにある、石像寺

「しゃくぞうじ」と読みます。


その名前の由来は、

かの有名な空海が、唐から持ち帰った石に地蔵菩薩を彫ったことから

とされています。

 

そんな石像寺、別名「釘抜地蔵」と呼ばれています。むしろこちらの方がポピュラーな呼び方でしょうか。

こんな伝説があります。

 

前世の報いによって、両手に「恨みの釘」を刺しこまれ、両手の痛みに苦しんでいた商人がいました。

彼は治そうと頑張りましたが、何をしても治りません。

そこで、地蔵様に願掛けを続けると、ある日夢に地蔵さまが出てきて、その釘を抜いてくれました。

すると、あっという間に痛みがなくなったのです。

そして、改めて石像寺にお参りに行くと、そこには、実際に抜かれた2本の釘があったそうな。

 

こうして、石像寺は釘抜地蔵と呼ばれ、苦しみからの解放を求める参拝客を集めることとなったのです。

カカシ先生が・・・

釘と聞いて思い出すのは、ペインがカカシ先生を狙った釘ですね。

なぜこのシーンが印象的かと言うと、カカシ先生が"死ぬ"からです。

まあ、正確には、その後チョウジを狙ったペインのミサイル?を神威で飛ばして力尽きるのですが。

なんなら、生き返るのですが。

でも、初めて読んだときの衝撃はすごかった。

あ、カカシ先生…

あっけない…

って思いましたよ。

確かにカッコいい死に際でしたけど、もっとカッコよくできただろうとも思いました。

f:id:ARSHAVIN:20201202204312j:image

そして、最大のピンチで登場したナルト。

綱手にこう問いかけます。

「オレ…皆のチャクラを感じ取る事ができる…」

「カカシ先生は任務で里の外に出てんのか?」

「…」

「…そうか…」

ナルトの顔は見えない。

後ろ姿だけ。

でも、ナルトの怒りは伝わってくる。

それも、ただ怒りに身を任せるだけじゃない、静かな怒りが。

ナルトの精神的な成長が感じられる、印象的なシーンでした。

そしてこのシーンを生んだのが、ペインの釘ってわけですね。

まとめ

きっと地蔵様も、商人の釘を神威で飛ばしてのでしょう。

※ペイン戦はナルトのカッコよさが際立っていましたね。間違いなく、ナルトが英雄になった戦いでした。

★オススメ観光地★

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info