京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【お題】ガリレオ。

今週のお題「もう一度見たいドラマ」

ガリレオ

f:id:ARSHAVIN:20201217201509j:image

 

DVDが出ているので、もう一度見るのは比較的簡単なドラマですが、本当に面白い

そして、映画もべらぼうに面白い

思えば、はじめて自分のお金で買ったDVDが容疑者Xの献身でした。

お題が「もう一度見たい映画」であっても、ガリレオの記事を書いていたでしょう。

 

 

前置きが長くなっていますが、

 

私はガリレオのおかげで読書の楽しさを知りました。

 

「漫画も読書」が口癖で、漫画以外文字を読む気にもならなかった私が、このドラマが面白すぎて、原作を読んでみようと思い至り、気づけば東野圭吾さんの作品に限り、部屋の本棚は書店レベルです。なんなら、それほど大きくない書店より品揃えは豊富です。

 

そういう意味でも人生のターニングポイント?アナザースカイ?的な作品でした。

 

 

 

さて、その魅力を箇条書きでつらつらと。

 

・福山雅治さん。めちゃくちゃカッコいい。言いたいことを凝縮したらこうなる。

 

 

・柴咲コウさん。理解しきれないほどに綺麗。言いたいことを凝縮したらこうなる。

 

 

・助手の栗林さん(渡辺いっけいさん)がもたらす緩急。コメディパートの肝。この緩急があるから1つ上の面白さを感じられる。スラムダンクみたいな。

 

 

・ゲストが超豪華。豪華すぎて犯人って最初から分かる。

 

 

・深田恭子さんがゲストの回は、出演者の顔面偏差値が測定不能でスカウターなら壊れてる。

 

 

・個人的には、船に閉じ込められた湯川(福山)と内海(柴咲)が脱出しようとするシーンで、科学者が決して人間嫌いではないと話す湯川が好き。

 

「アイザック・ニュートンが、リンゴが落ちたときに見つけたのは、重力だけではなく、世界とのつながりだ。

ガリレオ・ガリレイは、ピサの斜塔の実験を成功させたとき、友人に喜びの手紙を書いた。

…科学者の日常は単調だ…

人と出会う機会も少ない。

しかし、狭い実験室の中で人とのつながりを感じることがある。

科学者は決して人間嫌いではない。」

 

みたいな感じじゃなかったっけ?

記憶から引っ張ってきましたが、ほとんど間違っていないはずです。

何回も見ましたから。

 

 

・福山さんと菅野さんが作り上げる最高の音楽。学生のとき、起床のアラーム音にしていました。

 

 

・「実に面白い」。

 

 

・「実に非論理的だ」。

 

 

…本当は1話ごとに語りたいところですが、長くなるのでこの辺で。

 

*スペシャルドラマのヒロイン枠?はなんと長澤まさみさん…

はは、ほんと綺麗と認識できるキャパを超えてきますよね。