京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【追記】声優からみた『PSYCHO-PASS」の魅力

まえがき

f:id:ARSHAVIN:20210103041018j:image

*例のごとく劇場版は本記事には関係ありませんが、写真がないので。

 

 

「いや、見過ぎやろ」

そう友人に言われるほど見返しているPSYCHO-PASS。

 

恥ずかしながら、最初に出会ったのは2020年のことでした。

まさに食わず嫌い。

アニメというコンテンツを去年まで食わず嫌いしていたのです。

 

1人の友人による、私にとってTED級のプレゼンが、大袈裟でなく人生を変えてくれました。

 

特別にお教えしましょう、

その友人のダメ押しの一言を。

 

「キャラデザ、リボーン書いてる人と一緒やで。」

 

 

 

さて、今回は、以前書いた渾身の感想文に、追記したいと思います。

まずは、ぜひ前作をご覧ください。

kyotomanga.info

 

付け加えたい内容は、声優さんについて

 

PSYCHO-PASSを皮切りに、色んな声優さんのことを知るようになり、その凄さも知るようになりました。

 

そこで、PSYCHO-PASSに出演している声優さんを、3人ピックアップし、それぞれの魅力を語りたいと思います。

 

完全な趣味回です。

 

 

佐倉綾音さん

まずは、霜月美佳役の佐倉綾音さん。

 

佐倉さんを好きになった(なんか語弊があるな)のは、ヒロアカの麗日さんです。

 

麗日さんの方言ともともとの声の可愛さがマッチして、とても可愛らしい声だな、って思うようになりました。

 

他には、五等分の花嫁の四葉や、寄宿学校のジュリエットの蓮季ですね。

 

それぞれ、とても可愛いらしいキャラクターで、それにマッチした声です。

 

要するに、佐倉さんは、めちゃくちゃ可愛い声をしているので、可愛いキャラが似合います

 

 

 

ですが、霜月美佳、めちゃくちゃ腹立つんですよ。

 

好きな佐倉さんの声のはずなのに、霜月美佳の声を聞くとイラつくんです。

 

それってすごくないですか?

 

 

霜月美佳という、いわば常守朱信仰者にとってイラつくキャラクターを、完璧に演じているってことじゃないですか。

 

 

 

イラつきはしますが、物語に奥行きをだすために必要なキャラだと思います。

 

私は個人的に嫌いなだけで、霜月美佳の考え方に賛同する方もいるはずですし、常守朱との対比や弥生さんとの関係も含めてPSYCHO-PASSに欠かせないキャラです。

 

 

ですが、もし佐倉さんが霜月美佳を演じきれなかったらどうでしょう。

 

えっと、なんかちょっとウザいキャラ出てきたけど、声が可愛いから許せるな〜

 

では困るんです。

物語が面白くなくなる。

ラブコメではありでしょうが。

 

 

見事にイラつかせる演技を披露した、佐倉さん。

 

本当に素晴らしい声優さんです。

 

 

櫻井孝宏さん

槙島聖護役の櫻井孝宏さん。

 

槙島の悪のカリスマとしての声、見事です。

 

こちらの感情を揺さぶる抑揚。

心にスッと入ってくる美しい声。

声に込められた、自信。

 

まさに、洗脳ボイス。

 

櫻井さんになら、洗脳されかねない。

そう思わずにはいられません。

 

 

 

そして、なんと2期の雛河くんも櫻井さんなんですよね!

 

そこがすごいところ。

 

私が鈍感なだけというのもあると思いますが、そのことに気づいたのはつい最近です。

何度も見てたのに。

しかも、雛河の声誰やろ?って検索して知るという笑

 

 

静かだが自信が伝わってくる強さを持った槙島の声に対して、自信のなさしか伝わってこない弱々しい雛河の声。

 

演じ分けが見事すぎて、脱帽です。

 

内面に抱えた闇は同じとはいえ、その闇の性質も違い、性格も異なるキャラクターを、同じ作品の中で演じ分けられるなんて…

 

本当に素晴らしい声優さんです。

 

 

花澤香菜さん

常守朱役、花澤香菜さん。

 

この方なくして、私がアニメにのめり込むことはありませんでした。

 

好きな声優さんは?と聞かれたらダントツで花澤香菜さんと答えます。

 

王道すぎるのかもしれませんが、王道とは素晴らしいから王道になるのです。

 

他の作品の花澤さんについても語りたいですが、止まらなくなるので、常守朱についてだけ。

 

 

 

PSYCHO-PASSという作品は、前回の記事で述べた通り、しんどい作品です。

 

心の闇をえぐってくるし、感情を崩壊させてくるし、描写も容赦ない。慈悲もない。

 

私は人一倍感情移入して見てしまうタイプなので、とても耐えられない作品のはずでした。

 

 

しかし、何度も見返すほどにこの作品を好きになれたのは、常守朱という、心の支えになるキャラの存在があったからです。

 

作品に照らしていえば、何度も濁りかけた私のサイコパスを、常守朱がクリアにしてくれたのです。

 

常守朱の「前向きさ」「強さ」、「思いやり」が、そうさせているのです。

 

 

 

そして、それらを完璧に伝えてくれるのが、花澤さんの声なのです。

 

いわば、聞いていて安心する声。

 

凄惨な場面でも、心に沁みる声。

 

可愛いのはもちろんですが、それよりも、花澤さんの放つ「強さ」が、本当に魅力的です。

 

 

あとがき

PSYCHO-PASSには、他にもたくさんの魅力的なキャラがいて、その分魅力的な声優さんがたくさん出演されています

 

みなさんの好きな声優さんもきっと出ているはず。

 

 

繰り返しになりますが、PSYCHO-PASSはしんどい作品です。

 

それでも、常守朱=花澤香菜さんの存在が、きっとみなさんの心の支えになるはず。

 

見たことのない方はぜひ見てほしい。

今までに味わったことのない感覚を味わえると思いますよ。

 

見たことあるって方、今回の私の言ってることわかりますよね??笑

ほんまそれってなりますよね??笑