京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

西陣織と友禅染の違い×五等分の花嫁

【はじめに】とりあえず、見てほしい。

 

f:id:ARSHAVIN:20210105030409j:image

最近まで、五等分の花嫁のパズルゲーム、「ごとぱず」では画像のように、五つ子が綺麗な着物を着て、正月イベントを実施していました。

(すみません、記事が間に合いませんでした)

 

それぞれとても似合っていて、可愛いですよね。これを見てほしかっただけです。

 

まっ、ガチャは末吉くらいでしたけど…

 

今回の記事、「×五等分の花嫁」としましたが、五等分の花嫁要素は以上です。ファンの方はすみません…

 

その分、記事の中身を頑張りましたので、どうかそのまま本題へ!! 

 

西陣織と友禅染の違い

 

京都の代表的な伝統工芸品の中でも、代表的なものが西陣織友禅染

 

西陣織は地名が由来になっています。

kyotomanga.info

 

どちらも着物なので、混同しがちですが、


西陣織は織物


友禅染は染物

 

 

つまり、カラフルな色を出すために


西陣織はカラフルな色の糸を織って模様を作り出す


友禅染は白い布地に模様を描いて染める


という大きな違いがあるのです。

 

 

まさに読んで字の如く。

言われてみれば納得ですが、言われなければ気づきにくいですよね笑

 

 

友禅染についてもっと詳しく。

友禅染の由来になったのは、染の技法を確立させたと言われる、宮崎友禅斎


人の名前です。

 

西陣織は、応仁の乱を経て名付けられた地名がもとになっていますが、こちらは人の名前からきているんですね。

ここにも違いがありました。

 

 

由来に続いて、技法を見てみましょう。

 

友禅染に使われる技法は、糊置防染法


簡単に言えば、着物に描いた下書きの線に、糊などの防染剤を使い、染まらない部分を作って、線をまたいで色が混ざってしまわないようにする技法です。

 

とまあ、文章で書くのは簡単ですが、一度友禅染で検索してみてください。

 


この模様が手書きで、しかも上記の方法で作り出されているなんて、理解の範疇外です。

 

それはそれはお値段も相当なものになるわけですね…

 

 

【おまけ】加賀友禅にまつわるお土産、もらいました。

友禅染は、京都だけで発展し、有名なわけではありません。

 

石川県には、加賀友禅というこれまたとても有名な友禅染があります。

 

最近、石川に住む友人から、とても鮮やかなお土産をもらいました。

その画像をご紹介して、今回の記事を終わりにします!!

 

f:id:ARSHAVIN:20210105031755j:image
f:id:ARSHAVIN:20210105031747j:image
f:id:ARSHAVIN:20210105031752j:image

*味も、甘味と味噌の塩気が絶妙で、めちゃくちゃ美味しかったです!!