京都×漫画

漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【オススメ癒し観光スポット】京都・嵐山の穴場紹介

はじめに:さらっと名所紹介

京都・嵐山。

観光名所中の観光名所。

京都に住む人は京都の観光地にあまり興味ない(私の経験上)のですが、嵐山は別。

 

そこで、何度も足を運んだ京都民の私が、「ここ穴場ちゃうかな?」と勝手に思った場所を3つ紹介致します

 

その前に、

ここは触れとかなあかんやろって名所をサラッと紹介。

 

f:id:ARSHAVIN:20210228153144j:image
f:id:ARSHAVIN:20210228153209j:image
f:id:ARSHAVIN:20210228153205j:image
f:id:ARSHAVIN:20210228153152j:image

はい、渡月橋

 

名前の由来は、鎌倉時代の亀山上皇のセリフ、

「くまなき月の渡るに似る」

より。

 

雲一つない夜空に浮かぶ月は、まるで橋を渡っているようではないか。

という感じでしょうか。


f:id:ARSHAVIN:20210228153148j:image
f:id:ARSHAVIN:20210228153202j:image
f:id:ARSHAVIN:20210228153156j:image

次は、竹林

空気が違います。そして、も。

アニメ史上屈指の名場面の舞台。

kyotomanga.info

 

f:id:ARSHAVIN:20210228153702j:image

(こっちは駐車場入り口。立派な石碑に騙されないで。)


f:id:ARSHAVIN:20210228153648j:image
f:id:ARSHAVIN:20210228153655j:image
f:id:ARSHAVIN:20210228153652j:image
f:id:ARSHAVIN:20210228153659j:image

最後は、世界遺産・天龍寺

建物自体は復元なので歴史は浅いものの、とにかく庭がすごすぎて世界遺産に。

 

入場時、本殿と庭両方の入場券を買うことをオススメします。

わずかな違いではありますが、建物の中から庭を眺めると違った見え方をするので。

 

アクセス

f:id:ARSHAVIN:20210228153259j:image

車だと電車の混雑を避けられますが、ピーク時は駐車場が空いているかどうか...

写真は公営駐車場で、渡月橋の近く。

1日あたり1040円で駐車できます。

 


f:id:ARSHAVIN:20210228153312j:image

JRの嵯峨嵐山駅

京都駅から20分程度という素晴らしい立地を誇るこの駅があるからこそ、嵐山が1番オススメの観光地なのです。


f:id:ARSHAVIN:20210228153303j:image

嵐電の嵐山駅

なんというか、この駅自体が観光地。


f:id:ARSHAVIN:20210228153306j:image

渡月橋の入り口近くに、レンタサイクルあり

歩くのまあまあ大変なので、オススメ。

 

穴場①:嵐山公園の端っこ

f:id:ARSHAVIN:20210228153349j:image

渡月橋を渡った先の嵐山公園


f:id:ARSHAVIN:20210228153353j:image

渡ってすぐ右へ。

するとこんな岩場があります。

川がとても近く、山に囲まれている感がさらに増して、自然をたくさん感じられます。

 

穴場と言いましたが、花見のシーズンは場所取り戦争になるかもしれません。

 

ですが、シーズンオフのこの場所は、ずっとここで「ぽけ~」っとしたくなる魅力があります。

 

穴場②:京都オルゴール堂

f:id:ARSHAVIN:20210228153422j:image

渡月橋を渡ったさらに先の渡月小橋を渡ると、


f:id:ARSHAVIN:20210228153419j:image

京都オルゴール堂があります!


f:id:ARSHAVIN:20210228153425j:image

店内にはたくさんのオルゴールが!

音楽好きの私にとって嬉しいのは、J-POPのオルゴールが多数販売されていること。

流行りの曲から、ひと昔前の懐かしい曲まで。

 

なんやかんやで一番テンションが上がったのは、

嵐のLove so sweet 

結局、嵐さんはすごい。全員知ってるもん。

 

穴場③:祇王寺

一番オススメのスポット!!

f:id:ARSHAVIN:20210228153528j:image

ほんのすこし、観光の中心エリアを抜けるだけで、こんなにのどかで癒される風景が。

 

天龍寺の正門や嵐電の駅があり、渡月橋につながる嵐山のメインストリートからだいたい15分くらい歩くと、


f:id:ARSHAVIN:20210228153539j:image

祇王寺に到着。


f:id:ARSHAVIN:20210228153532j:image

立て札に祇王寺の紹介をお任せします。

こちらの記事もどうぞ。

kyotomanga.info


f:id:ARSHAVIN:20210228153545j:image

天気よすぎて写真が…

森の中に佇む小屋。

雰囲気がハンパではありません。


f:id:ARSHAVIN:20210228153542j:image

草庵の中。


f:id:ARSHAVIN:20210228153535j:image

これが、『虹の窓』

なんだこの円形は?と思った方、足を運ぶとタネがわかりますよ。


f:id:ARSHAVIN:20210228153525j:image

祇王寺に関わった方々のお墓があります。

 

祇王寺は、自然あふれる嵐山の中で、「人の手が行き届いた整備された自然」を楽しめるとともに、かつ人工的な香りがしない究極の癒しスポットです。

 

恋愛関連のご利益があるお寺ではありますが、それ目的でなくとも十分に足を運ぶ価値があります。

 

とてもこぢんまりしていて、スケールは大きくありませんので、それだけはご了承ください。

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

嵐山は、自然と歴史とが調和した素晴らしい観光地です。

メインストリート周りだけ観光すれば、2時間もかかりません。

しかし、その周りに目を向ければ、たくさんの癒しスポットがあるのです。

せっかく足を運んだのだから、「ザ・嵐山」以外のスポットも訪れてみてはいかがでしょうか?