京都×漫画

漫画と絡めて、京都旅行・観光がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆カテゴリからご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【名言・名場面クイズ】かぐや様は告らせたい②<かぐやネイル回~花火回>

かぐや様は告らせたい クイズ

今回はかぐや様は告らせたいについてのクイズ。

範囲は、かぐやネイル回~花火回まで(3巻~5巻)。

アニメをご覧の方も参加できるよう、アニメでも放送された箇所にしぼって作成しました!!

かぐや様は告らせたいが好きなみなさんなら、絶対に楽しんでいただけるはず。

この記事を書いている私の自己満がハンパではないのですから。

基本的にヒントはなし。全部で10問。 

当ブログのクイズの難易度はかなり高めです(友人証言)。

お一人で楽しんでいただくのはもちろん、ご友人やご家族と一緒にヒントを出し合いながらお楽しみいただくのもオススメです!!

f:id:ARSHAVIN:20210517041155j:image

問題編

①路面電車の英語での言い方・黒鯛の幼魚の関西圏での呼び方・元来は健康を意味するイタリア語で乾杯という言い方、それぞれ答えなさい。

答え➡路面電車:トラム 黒鯛:ババタレ 乾杯:Saluteサルーテ

 

②会長を眠らせるために、かぐやが早坂に命じたことは?

答え➡生徒会室のコーヒーをカフェインレスにすり替える

 

③心理テストで、深層心理ではかぐやが好きだと判明した石上。心理テストの結果に不満なかぐやに暗殺者のまなざしを向けられた石上が口にした、帰宅する理由は?

答え➡ストックホルム症候群

 

④特訓する前の会長の歌声を、藤原は何に例えた?

答え➡なまこの内臓

 

⑤会長がかぐやのお見舞いに訪れた際、早坂が使った偽名は?

答え➡スミシー・A・ハーサカ

 

⑥白銀圭と藤原が出会ったときの挨拶は?(どちらのセリフも答えなさい)

答え➡藤原:「こんにち殺法!」

圭:「こんにち殺法返し‼」

 

⑦藤原が入店したラーメン店・天龍。天龍における、注文の最適解とは?

答え➡醤油とんこつ・薄め

 

⑧藤原姉妹との買い物の日に京都に呼び出されたかぐや。あまりにも冷たい父親の態度を目にした早坂のセリフは?

答え➡「こんな場所まで呼び出してそれだけですか」「くたばれクソ爺」

 

⑨かぐやに花火を見せるためにタクシーに乗り込んだ一行。そのタクシーの運転手・高円寺のJ鈴木のカッコよすぎる名言は?

答え➡「ちょいと飛ばしますんでね 会社には内緒にしてね」

 

⑩花火回のタイトルは?

答え➡花火の音は聞こえない

一言コメント編

路面電車:トラム 黒鯛:ババタレ 乾杯:Saluteサルーテ

⇒声優さんってすごい。

生徒会室のコーヒーをカフェインレスにすり替える。

⇒睡眠薬と思いましたよね?やってること二乃と同じやんって思いましたよね?

ストックホルム症候群。

⇒吊り橋効果を併発している、まで答えた方はマーベラス。

なまこの内臓

⇒特訓回を見てると、本当にいろんなことがどうでもよくなる。見る人を幸せにする回。

スミシー・A・ハーサカ

⇒風邪をひいたかぐやの破壊力、恐るべし。尋常じゃない。キャラデザももちろん、古賀さんの声も素晴らしい。個人的には、部屋を去る時のハーサカが好きで、花守さんもさすがの一言。

藤原:「こんにち殺法!」

圭:「こんにち殺法返し‼」

⇒告RADIOに鈴城さんがゲストで来たとき、かぐやと圭のこのやり取りが聞けました。レアでした。

醤油とんこつ・薄め

*麺の硬さは食べ方による

⇒このラーメン四天王、究極の引き立て役。最高。

「こんな場所まで呼び出してそれだけですか」

「くたばれクソ爺」

私が早坂を女性キャラで一番に推す理由となる一言。出てくるキャラクター、みんな可愛いじゃないですか。だから、見た目よりも、グッとくるセリフが私にとっては大事で、この一言に早坂の人間として素敵な部分が凝縮されているようで、とても好きなんです。口が悪いのを肯定するつもりではありませんが、この場面においては、本当に素敵な一言。

「ちょいと飛ばしますんでね 会社には内緒にしてね」

⇒イケメンかよぉぉぉぉぉ。石上のツッコミにも注目。

花火の音は聞こえない

はいはい、タイトルの意味はそういう意味ね、めっちゃオシャレやん。って感じです。アニメ1期の中で一番重要な回でしたね。会長の「了解」がカッコいい。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

早坂が素敵だなと思った方は私と視点が同じですね(笑)

今回の範囲でも、原作にしかないエピソードが多数!

かぐや様ファンの方は、ぜひ原作もご覧ください!!

★他のクイズはこちら★

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info

kyotomanga.info