京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

呪術廻戦クイズ【1話~VS真人(@里桜高校)の名言・名場面特集】

呪術廻戦 名言・名場面クイズ

今回は呪術廻戦についてのクイズ。

範囲は、第1話~VS真人@里桜高校(1巻~4巻)

呪術廻戦が好きなみなさんなら、絶対に楽しんでいただけるはず。

この記事を書いている私の自己満がハンパではないのですから。

基本的にヒントはなし。全部で10問。

当ブログのクイズの難易度はかなり高めです(友人証言)。

お一人で楽しんでいただくのはもちろん、ご友人やご家族と一緒にヒントを出し合いながらお楽しみいただくのもオススメです!!

f:id:ARSHAVIN:20210517041314j:image

とても考えさせられる作品である、呪術廻戦。

クイズを楽しんでいただきたいのはもちろん、

コメントをぜひ読んでいただきたい!!

共感してくださったり、

はたまた「それは違う」と別の意見を頭に浮かべてくださったり…

みなさんが呪術廻戦についてより深く考えるきっかけになれば嬉しいです!!

問題編

①宿儺の指を取り込んだ虎杖。目の前の虎杖が、宿儺か虎杖か判断しかねる伏黒。そこへ現れた五条先生が持ってきたお菓子は?

答え➡喜久水庵の「喜久福」

 

②地方と東京では呪いのレベルが違う。単純な呪力の総量だけでなく、何が違う?(五条先生曰く)

答え➡狡猾さ

 

③帳を下ろす口上は?

答え➡「闇より出でて闇より黒く その穢れを禊ぎ祓え」

 

④五条先生が高専で教鞭を取っている理由は?

答え➡クソ呪術界をリセットするため、強く聡い仲間を育てることを選んだから

 

⑤どの場面の誰のセリフか答えなさい。

「あの子が死んで悲しむのは私だけですから」

答え➡伏黒が、救出することができなかった岡﨑正の遺品を母親に届けたときの母親のセリフ

 

⑥次の五条先生のセリフの空欄に当てはまる単語を答えなさい。

「君が触れたのは 僕との間にあった○○だよ」

答え➡『無限』

 

⑦領域展開のメリットを2つ挙げなさい。

答え➡環境要因によるステータス上昇

領域内で発動した付与された術式は絶対当たる

 

⑧七海いわく、小さな絶望の積み重ねが人を大人にする。七海が挙げた小さな絶望の例は?(2つあります)

答え➡枕元の抜け毛が増えている

お気に入りの惣菜パンがコンビニから姿を消した

 

⑨どの場面の誰のセリフか答えなさい。

「どちらかと言えば 馬鹿はアナタです」

答え➡虎杖のことを、現実と理想の擦り合わせができていない馬鹿なガキだと罵った真人に対する、七海のセリフ

 

⑩追い込まれた真人は、土壇場で領域展開を成功させる。「今はただ 君に感謝を」と告げられた七海が、真人に返した言葉は?

答え➡「必要ありません」「それはもう大勢の方に頂きました」「悔いはない」

呪術廻戦クイズ一覧

kyotomanga.info

漫画クイズ タイトル別一覧

kyotomanga.info

f:id:ARSHAVIN:20210606232834j:image

一言コメント・考察編

喜久水庵の「喜久福」。

⇒五条先生のオススメはずんだ生クリーム味。私も好きです、ずんだ。ずんだシェイクがこの世で一番美味しい飲み物であると考えております。そんなことより、五条先生登場シーン。カカシ先生??とテンションが上がったのを覚えています。それに、いきなり「僕 最強だから」という姿がカッコよすぎる!

狡猾さ。

⇒これから虎杖や釘崎、伏黒が闘っていく相手が簡単な相手ではないと良くわかる五条先生のセリフ。悪役に求められるのは狡猾さ。読む側がムカつき、腹が立つのも、その狡猾さゆえ。悪役に振り回されるヒーローの姿を見て、ヒーローを応援したくなる。そして、悪役が振りかざす正義や勝つための行動は、一見歪んでいるように見えて、ある視点から見れば正しいと思えなくもないことがある。その複雑さが面白い。単純な肉体同士の闘いではなく、「どうやって精神を折るか」という高度な闘いの始まりを予言させる、実は超重要な場面だったのではないかと思います。

「闇より出でて闇より黒く その穢れを禊ぎ祓え」

⇒こういうの、覚えたくなりますよね。この口上の意味や由来も、明かされるときが来るのでしょうか。

クソ呪術界をリセットするため、強く聡い仲間を育てることを選んだから。

⇒「上の連中を皆殺しにすることは簡単だ」だって。言うことがいちいちスケールがでかい。世の中を良くするため、教育に目を向けたって話は、現実世界にも通ずるところがあるのではないかと思います。手っ取り早い簡単な道ではなく、本質的な改善のために遠回りを選ぶ。なかなかできることではありませんね。

伏黒が、救出することができなかった岡﨑正の遺品を母親に届けたときの母親のセリフ。

⇒少年院にいた人を助けることに懐疑的だった伏黒。しかし、それでも遺体さえ持ち帰ろうとした仲間の姿を見て、何か感化されるものがあったのでしょう。この場面は、伏黒の精神面の成長を感じられる場面でした。とは言っても、あまり大きな声では言えませんが、伏黒の考え方が間違っているとは思えません虎杖や釘崎の行動は、「漫画のヒーロー」だからって思ってしまうのです。そういう意味では、伏黒はよりリアリティを感じさせてくれるキャラクターって感じがして、そこも好きです。まあそれでも、このお母さんのセリフはものすごく重みがあって、ものすごく同情を誘います。家庭には色々ありますから、短絡的なことは避けるべきかもしれませんが、「どうしてこんな良いお母さんがいながら、人を傷つけたんだろう」って思ってしまいますね。すごく残酷な単語を選べば、「不憫」で仕方がない、心揺さぶられる場面でした。

『無限』

⇒漏瑚は「?」ってなっていましたが、数々の漫画を読み漁ってきた私は、この一言がどれだけ絶望的なセリフか一瞬で分かります(笑)戦ってる相手にこれ言われたら、その場に崩れ落ちます。

・環境要因によるステータス上昇

・領域内で発動した付与された術式は絶対当たる

⇒呪術廻戦といえば、これですよね。領域展開。あっさり素顔を拝ませてくれた五条先生ですが、「無量空処」じゃないよ、まったく。ため息が出るほどのカッコよさと強さ。最強のキャラには憧れますね~

・枕元の抜け毛が増えている

・お気に入りの惣菜パンがコンビニから姿を消した

七海さんの話は面白くて好きです。核心をついていながら、ウィットとユーモアにあふれていて、素敵な大人って感じがします。実際に目の前で話していると、表情が冷たすぎて面白がっている余裕なんてなくなりそうですけど。確かに、小さな絶望、積みあがってきてるなあ…

虎杖のことを、現実と理想の擦り合わせができていない馬鹿なガキだと罵った真人に対する、七海のセリフ。

⇒こういう、「ちゃんとわかってます」って感じのセリフに弱いんですよ… イレイザーヘッドが言いがちなやつ。七海さんは本当に良い先輩ですね。状況をしっかりと把握し、事実から目を背けない七海さんだからこそ、発言に信憑性と重みがあります

「必要ありません」「それはもう大勢の方に頂きました」「悔いはない」

⇒なんと凛々しく、素敵な表情だろうか… 本当に覚悟のできた者の顔をしています。何より、パン屋でのエピソードが最高すぎる。あのパン屋さんの店員、絶対良い人。話しているだけで気分が明るくなりそうですね。人前とか、そういったことを気にせずに大声で感謝の気持ちを伝えられるなんて、眩すぎますね。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

単なるバトルものではなく、テーマ性の深い作品ですので、なんか暗い問題編成になってしまいました…

それに、深く考えすぎてしまいました…

VS真人編、と呼ぶべき範囲は、順平くんがキーマンではあるのですが、順平くんを絡めた問題を作ると解答のコメントが闇に染まりすぎて、七海さん祭りにしました。

 

技や設定の難解さは言うまでもなく、登場人物のセリフもとても難解。

ほんと、HUNTER×HUNTERですかって感じ。

そこが面白いんですけどね。

f:id:ARSHAVIN:20210607214536j:image