京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

SKET DANCEクイズ 【ジェネシス】

SKET DANCE 名言・名場面クイズ

今回はSKET DANCEについてのクイズ。

範囲は、ジェネシス・ジェネレーション(3巻)

SKET DANCEが好きなみなさんなら、絶対に楽しんでいただけるはず。

この記事を書いている私の自己満がハンパではないのですから。

SKET DANCEという名作を、このクイズを通してぜひ懐かしんでください!!

f:id:ARSHAVIN:20210517041347j:image

クイズのあとに記した、LINER NOTESにSKET DANCEへの想いを込めました。

そちらもぜひご覧ください!!

問題編

①山野辺先生は誰にジェネシスを習った?

答え➡黄老師(ウォン)

 

②①の答えとなる人物に習ったと聞かされ、ますます疑念を抱き、イラついたヒメコが山野辺先生にかけた言葉は?

答え➡「先生 ちょっと手荒に掴んでよろしいか?」

 

③足ヒレのようなものの名称は?

答え➡フリッパー

 

④黄老師が残したジェネシスにおける名言は?

答え➡「フリッパーを制する者はジェネシスを制する」

 

⑤虫取り網のようなものの名称は?

答え➡モーニングスター

 

⑥網のようなものにくっついているヒモの名称は?

答え➡テイル

 

⑦網のグリップとヒモを同系色で合わせ、一繋ぎに見せることを何という?

答え➡ワンピース・フェアリーテイル

 

⑧ジェネシスに使うボールの名称は?

答え➡バレーボール

 

⑨試合前の舞いを何という?

答え➡ウォークライダンス

 

⑩攻撃側、防御側をそれぞれ何という?

答え➡アタッカー、ディフェンシスト

 

⑪ボールに当たることを何という?

答え➡ブレイク

 

⑫2回連続でボールに当たることを何という?

答え➡ギミアブレイク

 

⑬網にボールを入れることを何という?

答え➡ネッティング

 

⑭ボールをキャッチもせず当たりもしないことを何という?

答え➡ブレイクスルー

 

⑮⑭が許されるのは3回連続までですが、その状態のことを何という?

答え➡リードエアー

 

⑯コイントスの際、片方のプレイヤーがもう片方に宣言するセリフは?

答え➡フリップ オア フロップ

 

⑰試合開始を意味する言葉は?

答え➡スローライフ

 

⑱試合再開を意味する言葉は?

答え➡スローニンライフ

 

⑲ジェネシスの得点は7点刻みですが、0点から42点まで全て数え方を答えなさい。

答え➡0=ラブ 

7=ラブン 

14=ラブジェネレーション 

21=マイジェネレーション

28=ジェネレーションギャップ

35=ジェネラルジェネレータージェネレーション

42=ジュネーブ

SKET DANCEクイズ一覧

kyotomanga.info

漫画クイズ タイトル別一覧

kyotomanga.info

LINER NOTES

いかがでしたでしょうか?

「ああ~~ そうやった~~」ってなってくだされば狙い通りです(笑)

 

個人的にこの回で一番好きなのは問題②の、ヒメコのセリフ。

ヒメコは真面目な女の子なので、口調が丁寧なのがツボ。

 

本気でジェネシスをやろうとしましたが、モーニングスターとフリッパーを置く場所がねえな、ってなって断念しました…

 

今改めて猛烈にやりたい…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、まず初めに、私の人生において大きな影響をもたらした作品を5つご紹介します。

 

・NARUTO

・鋼の錬金術師

・スラムダンク

・ヤンキーくんとメガネちゃん

そして、

・SKET DANCE

 

これらの作品は、人格・好み・趣味嗜好といった様々な点で私に大きな影響を及ぼしました。

感謝してもしきれないほど、大切なものをいくつも与えてくれた作品であり、こうした作品が自分の青春時代を彩っていることがとても幸せなことだと思っています。

 

今回は、SKET DANCEについてお話し致します。

 

まず、この章の見出しのタイトル、LINER NOTESは篠原先生が単行本に記したSELF LINER NOTESからいただきました。

このブログでいくつものクイズを作成してきましたが、正直クイズよりも読んでいただきたい「コメント」は、SELF LINER NOTESの影響をもろに受けています。

いや、このブログの文章、ひいては、私の書く文章全てが、篠原先生の影響を受けていると言っても過言ではありません。

そして、SKET DANCEを一言で表すならば、「青春」

 

楽しそうな学校生活に憧れ、

仲間の大切さを学び、

家族のありがたみを知り、

お笑いとは何かを学び(大層なこと言ってすみません)、

コミュニケーションの取り方を学び、

辛い出来事の乗り越え方を学びました。

 

スケット団の3人の過去編

スイッチ・オフ、OGRESS、Happy Birthday

は、当時学生だった私には重すぎる、とても辛い回だったのを良く覚えています。

でも、3人がそれぞれ仲間と家族の助けで乗り越える姿が、とても輝いて見えて、辛いけど読んでよかった、そう思ったのも覚えています。

 

よく、「漫画は人生の教科書」だなんて言いますが、

私にとってこの言葉が最も似合う作品がSKET DANCEなのです。

本当にSKET DANCEに出会えてよかった。

篠原先生はじめ、この作品を世に出してくださった方々に心から感謝致します。

 

最後に、私が初めて今で言う「推し」だと認識した女性キャラは、ヒメコです。

以降、「このキャラいいな」って思うキャラはヒメコの面影を感じられるキャラばかり。

金髪・ショート・強気・内面は弱い・とても綺麗に泣く・友達想い・家族想い…etc...

のどれかがある感じというか…

 

例えば、

・かぐや様の早坂

・五等分の二乃

・ヴァイオレット

・ハガレンのホークアイ

・呪術廻戦の釘崎

とかですね。

 

ヒメコ、つまりSKET DANCEの影響力の大きさをお伝えするには一番わかりやすいかなと思ってお話ししました。

 

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました!!

ぜひSKET DANCE読み返してみてください!!