京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【跡部景吾特集】新テニスの王子様-テニプリ-名言・名場面クイズ

新テニスの王子様 名言・名場面クイズ

今回は新テニスの王子様についてのクイズ。

そして、キングこと跡部景吾をピックアップ!

範囲は、1話~U-17杯開幕まで(1巻~14巻)

当ブログのクイズの難易度はかなり高めです(友人証言)。

お一人で楽しんでいただくのはもちろん、ご友人やご家族と一緒にヒントを出し合いながらお楽しみいただくのもオススメです!!

f:id:ARSHAVIN:20210628153432j:image

問題編

①2巻より。負けた方が合宿から去らなければならない試合の後、跡部が日吉にかけた言葉は?

答え➡「お前の氷帝コールを見つけてみろ」

 

②5巻より。3番コートと5番コートのシャッフルマッチ、シングルス1。入江に対していきなり繰り出した、跡部の新技は?

答え➡失意への遁走曲(フーガ)

 

③5巻より。入江の演技に気付いて、入江が本領発揮する前に勝負を決めようと繰り出した更なる新技は?

答え➡慟哭への舞曲(ジーク)

 

④5巻より。跡部王国で狙うのは、対戦相手のどこ?

答え➡関節や骨格が対応できない「絶対死角」

 

⑤6巻より。跡部と同じ部屋なのは誰?全員答えなさい。

答え➡南・東方・門脇

 

⑥8巻より。対U-17日本代表戦、ダブルスに出場した跡部。相手のサービスゲームをブレイクし、6-5と王手をかけた後、コートチェンジの際の跡部のセリフの空欄部分を埋めなさい。

「おい仁王よ…」

「いつまで樺地でいる気だ?」

手塚でいろ 一瞬で足元すくわれるぞ」

 

⑦8巻より。『精神の暗殺者』のひと睨みにやられ、サーブが全く入らなくなった跡部。醜態を晒す跡部を救ったのは、誰の何という技?

答え➡手塚(正確には仁王)の手塚ファントム

 

⑧9巻より。ペアの相手が限界を迎え、1対2で戦い続けた末に訪れたピンチ。そのピンチを救った樺地が、ルール違反により強制退去を命じられる。そんな樺地に、跡部がかけた言葉は?

答え➡「みっともねぇマネしやがって」「失せろ樺地…」

 

⑨問⑧の続き。跡部の命令通りコートを去る樺地。そのとき跡部が呟いた一言は?

答え➡「バカヤロウ」

 

⑩9巻より。ペアの相手がサーブを打てない以上、跡部がどれだけ頑張っても絶対に試合には勝つことができない。そんな跡部の姿を見た、真田のセリフの空欄部分を埋めなさい。

負けというゴールに向かっていく試合を奴は戦っているのだ」

漫画クイズ タイトル別一覧

kyotomanga.info

f:id:ARSHAVIN:20210628153450j:image

一言コメント・考察編

「お前の氷帝コールを見つけてみろ」

⇒もはやこのセリフを問題にしたくてこのクイズを作成したほどの名言。跡部様を崇拝していなければこのセリフの意味など到底わからないでしょう(笑)

失意への遁走曲(フーガ)

⇒タンホイザーサーブをスマッシュで再現した?

慟哭への舞曲(ジーク)

⇒破滅へのロンドのパワーアップVer.?

関節や骨格が対応できない「絶対死角」

⇒『氷の世界』の方がカッコよかったことは黙っておきます。

南・東方・門脇

⇒スーパーテニスってマジで何?

「おい仁王よ…」

「いつまで樺地でいる気だ?」

「手塚でいろ 一瞬で足元すくわれるぞ」

⇒このセリフがすんなりと受け入れられるまで時間がかかりました。みなさん、一回冷静に咀嚼してみてください。脳が理解することを拒否し始めますから。

手塚(正確には仁王)の手塚ファントム

⇒それにしても、跡部と手塚のダブルスは一番見たい組み合わせでしたからね。ライバル同士がタッグを組むことほど熱い展開はありません。まさに、ジャンプシステム。

「みっともねぇマネしやがって」「失せろ樺地…」

桃城に向けた目が全てを物語っています。手塚の覚悟を思い知った後ですからね…

「バカヤロウ」

⇒このセリフだけで、跡部が内面も超絶カッコいいことがわかります。

「負けというゴールに向かっていく試合を奴は戦っているのだ」

⇒真田の言い回しが好きです。なんかセリフに重みもあるし。跡部の精神力の強さを端的に表しているセリフではないでしょうか。

f:id:ARSHAVIN:20210628153504j:image

あとがき

いかがでしたでしょうか?

誰が何と言おうと私の中では一番カッコいい王様

カッコいいは正義イケメンは正義

見た目100点、中身100点の跡部の得意分野が泥臭い持久戦ってのも素晴らしい。

イリュージョンではない本物の手塚とのダブルスがいつか見れたらいいな…