京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【オススメ観光地】『京都三尾』より、高山寺と神護寺を紹介!

『京都三尾』とは?

嵐山よりもさらに北、京都の西の奥地に位置する、『京都三尾』

高雄(たかお)*「雄」は「尾」と同じ発音。

槇尾(まきのお)

栂尾(とがのお)

の総称です。

 

紅葉スポットとして最も有名ですが、春の桜や夏の青々とした景色など、四季折々の自然の美しさを堪能できる場所です。

今回は、そんな京都三尾より、高山寺神護寺をご紹介致します!

【高山寺】基本情報

高山寺(こうさんじ)は、上記の三尾のうち、栂尾に位置するお寺です。

京都が誇る17の世界遺産のうちの1つに選ばれています。

高山寺の開祖である明恵上人(みょうえしょうにん)は、皇族から民衆まで、幅広い身分の人々から信仰を集めた僧です。

f:id:ARSHAVIN:20210611162328j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162337j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162254j:image

 

⇩バスの本数はあまり多くありませんので要注意。

f:id:ARSHAVIN:20210611162243j:image

f:id:ARSHAVIN:20210611162351j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162429j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162407j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162357j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162400j:image

ご覧のように、京都駅周辺から車で1時間弱のところにあるので、とにかく自然豊か

圧倒的な解放感が魅力です。

【高山寺】鳥獣人物戯画絵巻

⇩鎌倉時代の遺構であり、国宝である、石水院

f:id:ARSHAVIN:20210611162420j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162449j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162250j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162410j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162442j:image

f:id:ARSHAVIN:20210611172258j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162404j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162321j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162303j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162439j:image

 

⇩この建物を明恵上人に贈った、後鳥羽上皇による勅額。ここに記された文字が、このお寺の名前が「高山寺」たる所以となっています。「高山」とは、明恵上人が極めたとされる、華厳学の教えのことを指していて、「高山寺」とは、「華厳学の教えを伝える寺」という意味になります。

f:id:ARSHAVIN:20210611162317j:image

 

そして、ここで複写を見られるのが、鳥獣人物戯画絵巻

高山寺が世界遺産に選ばれた理由の1つとなるほど、世界的に見ても価値の高い宝物です。

ウサギやカエル、サルなどが擬人化されて描かれたあまりにも有名な絵巻は、実は全4巻のうちの1巻分でしかありません。

その4巻は全て異なる時代に、異なる人物によって描かれ、謎が多い絵巻です。

 

その「横スクロール」によって場面が展開する構成が、この絵巻から始まったことから、「漫画のルーツ」と呼ばれることがあります。


f:id:ARSHAVIN:20210611162445j:image

 

では、最も有名な甲巻「第11紙-第16紙前半」の複写をご覧ください!

f:id:ARSHAVIN:20210611162423j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162417j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162452j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162257j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162426j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162456j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162432j:image

【高山寺】日本茶発祥の地

高山寺が世界遺産たる他の理由、それは、高山寺が日本茶発祥の地ということです。

京都で日本茶と言えば宇治茶ですが、その宇治にお茶を広めたのは、他ならぬ栂尾の地なのです。

⇩その石碑です。

f:id:ARSHAVIN:20210611162334j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162347j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162247j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162435j:image

【高山寺】他の見どころ紹介

開山堂:開祖である明恵上人を祀るところ。

f:id:ARSHAVIN:20210611162354j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162311j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162300j:image

 

御廟:明恵上人のお墓。

f:id:ARSHAVIN:20210611162413j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162344j:image

 

金堂:釈迦如来像を本尊とする、いわゆる本堂。

f:id:ARSHAVIN:20210611162314j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162306j:image

⇩金堂横にあった、ドラクエでアイテムが落ちてそうなくぼみ。

f:id:ARSHAVIN:20210611162324j:image


f:id:ARSHAVIN:20210611162340j:image

裏参道から帰りましょう!

【神護寺】基本情報

続いては、神護寺

上記の三尾のうち、高雄に位置しています。

この神護寺を開いたのが、かの桓武天皇に平安京を開く決意をさせたことで知られる、和気清麻呂公

そして、平安仏教界の重鎮である、弘法大師こと空海が、唐(中国)から日本にやって来た後14年間入山したことで知られています。

あの比叡山延暦寺の最澄など、数々の名僧達がこの場所で空海に教わった、日本の仏教界において最重要なお寺の1つなのです。

f:id:ARSHAVIN:20210611163027j:image

【神護寺】参拝に至るまで

神護寺参拝道の入り口の近くに有料の駐車場があります。

そこに行くと、駐車場の管理人?らしき人に誘導されますので、車を停めて500円払います。

車を降りると、その管理人さんが神護寺について色々と教えてくれます。

結構話が長いです。

お寺や歴史に興味のある方にとっては非常にためになる話ですのでしっかり聞きましょう。自然が好き、後述するかわらけ目的の方は、折を見て切り上げましょう…

 

⇩駐車場からも見える、高雄橋。ここを渡ります。

f:id:ARSHAVIN:20210611163014j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162944j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162947j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162924j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611163017j:image

 

⇩そして、神護寺参道の入り口です。ここから、何百段と言う石の階段を登ることになりますので、夏は水分必須。残りHPにも要注意です。

f:id:ARSHAVIN:20210611162908j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162938j:image

【神護寺】見どころ紹介

⇩そして、果てしない階段の先に、神護寺があります。

*訪れたとき、なんと山門が工事中で拝めないし写真も撮れず…

f:id:ARSHAVIN:20210611163002j:image

 

⇩和気清麻呂公を祀っているところ。

f:id:ARSHAVIN:20210611162912j:image

 

明王堂:不動明王像を安置するところ。

f:id:ARSHAVIN:20210611162929j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162958j:image

 

⇩自然が美しい。

f:id:ARSHAVIN:20210611162902j:image

 

⇩いわゆる、鬼瓦。

f:id:ARSHAVIN:20210611162916j:image

 

毘沙門堂:毘沙門天像を安置するところ。

f:id:ARSHAVIN:20210611163022j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162950j:image

 

大師堂:大師とは、弘法大師=空海のこと。

f:id:ARSHAVIN:20210611162955j:image

 

五大堂:五大明王を安置するところ。

f:id:ARSHAVIN:20210611163005j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611162933j:image

 

地蔵院:地蔵菩薩を安置するところ。

f:id:ARSHAVIN:20210611163009j:image

 

⇩ちょ、あの、何の石碑かよくわからなかった…

f:id:ARSHAVIN:20210611162921j:image

 

金堂:いわゆる本堂。ここに安置されている薬師如来像は、日本で2番目に国宝認定された宝物中の宝物で、この薬師如来を拝むために神護寺を訪れる人も多いとか。

f:id:ARSHAVIN:20210611163027j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611163450j:image

 

硯石:神護寺参道にあります。弘法大師にまつわる伝説があります。

f:id:ARSHAVIN:20210611163424j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611163427j:image

 

*おまけ:高雄観光ホテル⇒参拝後に休憩できます!

f:id:ARSHAVIN:20210611163436j:image
f:id:ARSHAVIN:20210611163443j:image

⇩川床もあります!

f:id:ARSHAVIN:20210611163446j:image

【神護寺】名物・かわらけ投げ

神護寺と言えば、かわらけ投げ

小さく丸いかわらけを、絶景に向かってぶん投げて、厄払いをするアクティビティです。

これは、本当にオススメです!!!

 

⇩これが、かわらけ。

f:id:ARSHAVIN:20210611163440j:image

 

⇩絶景中の絶景。

f:id:ARSHAVIN:20210611163511j:image

f:id:ARSHAVIN:20210611163431j:image

★オススメ観光地★

kyotomanga.info