京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【東京卍リベンジャーズ 名言・名場面クイズ】血のハロウィン編 VSバルハラ

東京卍リベンジャーズ 名言・名場面クイズ

今回は東京卍リベンジャーズについてのクイズ。

範囲は、血のハロウィン編 <VS芭流覇羅(バルハラ)>(5巻~8巻)

全部で10問。

当ブログのクイズの難易度はかなり高めです(友人証言)。

お一人で楽しんでいただくのはもちろん、ご友人やご家族と一緒にヒントを出し合いながらお楽しみいただくのもオススメです!!

f:id:ARSHAVIN:20210909180634j:image

問題編

①中1の頃、ツーリングに出かけた先で地元の族に絡まれた場地は、マイキーの大切にしていた原チャ・ホーク丸に危害を加えさせまいと体を張って守る。そこに現れたマイキー。マイキーはなんとホーク丸を自ら蹴り飛ばす。その後のマイキーのセリフの空欄部分を埋めなさい。

「てめぇら 何... オレの大事なモン傷付けてんだ!!?」

「場地 ケガ... 平気か?」

あんなモンの為に体張らしてごめんな!」

 

②VSバルハラの決起集会にて。マイキーが出した答えは?

答え➡「オレは場地(ダチ)とは戦えねぇ」

 

③第2問の続き。自分の答えをチームのみんなに伝えた後、ドラケンに「オレ総長失格かな?」と問いかけるマイキー。それに対するドラケンの答えは?

答え➡「この歓声が答えじゃね?」

 

④バルハラとの乱戦が始まり、ビビるタケミチ。そんなタケミチを奮い立たせた、千冬のセリフは?(「どう向き合うかだ」じゃない方)

答え➡「正面の敵だけ見てろ 相棒」「背中はオレが守ってやる!」

 

⑤バルハラの数と年齢差に押され始める東卍。戦意喪失する者が現れる状況を、タケミチの気合が引っ繰り返した。東卍のメンバーを自分が守らなくても大丈夫だと判断したドラケンの、「こいつらを守る必要なんてなかったな」に続くセリフを答えなさい。

答え➡「攻めあるのみ」

 

⑥部下にマイキーを取り押さえさせ、鉄パイプで止めを刺そうとするときの一虎のセリフの空欄部分を埋めなさい。

「""を殺すのは"悪者"」

「でも""を殺すのは"英雄"だ!!」

 

⑦場地を止めようと目の前に立ちはだかる千冬。しかし、動くことができない。そんな千冬の姿を見かねて、場地に飛びつくタケミチ。一緒に場地を止めるぞというタケミチの問いかけに対する、千冬の返答は?

答え➡オレは... 場地さんを殴れねー

 

⑧半間を一撃で粉砕し、バルハラとの喧嘩にケリをつけた後、一虎をひたすら殴り続けるマイキー。もう少しで一虎が殺されてしまう、そのとき、瀕死の場地がとった行動は?その理由も合わせて答えなさい。

答え➡マイキーが一虎を殺す理由を無くすため、そして、一虎に負い目を感じさせないため、自決を選んだ。

 

⑨東卍創設時、場地は東卍をどんなチームにしたいと願った?

答え➡誰かが傷ついたらみんなで守る、一人一人がみんなを守るチーム

 

⑩鑑別所にて。ドラケンが伝えた、マイキーから一虎への伝言は?

答え➡「これからも一虎は東卍の一員だ」「オマエを許す」

東京卍リベンジャーズ 名言・名場面クイズ一覧

kyotomanga.info

漫画クイズ タイトル別一覧

kyotomanga.info

f:id:ARSHAVIN:20210909180649j:image

一言コメント・考察編

「てめぇら 何... オレの大事なモン傷付けてんだ!!?」

「場地 ケガ... 平気か?」

「あんなモンの為に体張らしてごめんな!」

⇒マイキーの超カッコいい場面。ホーク丸を守るためバットで殴られることも厭わない場地もカッコいい。場地のことを「大事なモン」だと言えるマイキーが好きです。

「オレは場地(ダチ)とは戦えねぇ」

「この歓声が答えじゃね?」

⇒マイキー、ドラケンそれぞれの良さが出た名場面。この2人がトップで支え合っているなら、最高にカッコいい集団であり続けるだろう、そう感じさせてくれるのに...

「正面の敵だけ見てろ 相棒」「背中はオレが守ってやる!」

⇒次から次へとカッコいいやつばかり出てくる... 強い味方に「相棒」と呼ばれることって多分これ以上ないほど嬉しくて、頼もしいと思います。千冬ファンが多いのも納得の名言。

「攻めあるのみ」

⇒カッコよすぎかよ、カッコよすぎかよ。これ言ってるときのファイティングポーズ、カッコよすぎかよ。

「"人"を殺すのは"悪者"」

「でも"敵"を殺すのは"英雄"だ!!」

⇒確かに、狂っている。でも、ある意味核心を突いた発言ではないでしょうか。私の好きなドラマ・ガリレオに香取慎吾さんが出演したとき、科学を戦争の道具に使おうとした香取さんが、「1人殺せば殺人犯、100万人殺せば英雄」(数字あやふやです)のようなことを言っていたのが、すごく心に残っています。もちろん、香取さんも狂った科学者として描かれていますが、なんでしょう、理解はできないが納得はできる?その逆?ん~とすごく言語化が難しいのですが、とにかく間違いだと分かっていても、どこか核心を突いたような、受け入れる扉を開いてしまいそうな、とても考えさせられるセリフです。

「オレは... 場地さんを殴れねー」

⇒このセリフを、涙を流しながら言う千冬が大好きです。

マイキーが一虎を殺す理由を無くすため、そして、一虎に負い目を感じさせないため、自決を選んだ。

⇒結局一番カッコいいのは場地かよ... この自己犠牲の精神を、私は勝手にイタチイズムと呼んでいますが、このイタチイズムが感じられるキャラが好きで好きでたまりません。とても憧れているからです。

誰かが傷ついたらみんなで守る、一人一人がみんなを守るチーム

⇒マイキーがこれを語るページ、創設メンバー6人のうち、場地とパーちんを除く4人が描かれているのですが、それぞれ特徴的な泣き方をしているんですよ。それぞれが、ぞれぞれらしい泣き方をしていて、そのどれもが感動的です。ひどく悲しい場面にも関わらず、場地の温かい心をみんなが共有しているような、悲しみと優しさが入り混じったような、4人ともの素敵な表情が忘れられません

「これからも一虎は東卍の一員だ」「オマエを許す」

⇒この伝言を聞いたときの一虎の表情、とんでもない表現力に脱帽です...