京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

名場面メーカー・烏野の山口忠だけでクイズ10問!【ハイキュー!!】

ハイキュー!!名言・名場面クイズ【山口忠特集】

今回はハイキュー!!についてのクイズ。

『元・根性無し』山口忠の名言・名場面だけでクイズを作成しました!楽しんでください!

範囲はなんとアニメ化された範囲全部(1巻~33巻)!!

全部で10問あります!!

当ブログのクイズの難易度はかなり高めです(友人証言)。

お一人で楽しんでいただくのはもちろん、ご友人やご家族と一緒にヒントを出し合いながらお楽しみいただくのもオススメです!!

f:id:ARSHAVIN:20210715195222j:image

問題編

①5巻より。サーブを教わるため、嶋田のもとを訪れた山口。「IH予選までには間に合わない」と言われたが、山口が話した、ジャンプフローターサーブを打てるようになりたい理由とは?

答え➡これから先も1年で自分だけ試合に出られないのは嫌だから

 

②8巻より。IH予選、青葉城西戦で公式戦デビューを果たした山口。しかし、惜しくもサーブはネットに阻まれる。完全に心が折れてしまいそうな山口を奮い立たせ、チームの雰囲気すら一変させた、澤村の一言は?

答え➡「次 決めろよ」

 

③8巻より。IH予選、青葉城西戦後に嶋田と話す山口。試合に出れても楽しくなかったと言う山口に対し、嶋田が伝えた、烏養前監督の言葉は?

答え➡「勝負事で本当に楽しむ為には強さが要る」

 

④9巻より。初めて谷地を見たときの山口の感想は?

答え➡かわいい…

 

⑤10巻より。合宿にて、月島に詰め寄る山口。山口に「カッコ悪い」と言われた月島は、「絶対に一番になれない」「どこかで負けるのがわかっててどんな原動力で動いてんだよ」と反論するが、それに対する山口の答えは?

答え➡「そんなモンッ プライド以外に何が要るんだ!!!」

 

⑥14巻より。和久南戦、ピンチサーバーとして登場するもビビッて「勝負」に行かなかった山口に対し、怒りの形相で詰め寄る烏養。そのとき、山口をかばった、縁下のセリフは?

答え➡「多分 自分で一番 わかってます」

 

⑦16巻より。青葉城西戦、サービスエースを決める山口。会場の及川ファンも含め、以前の山口を知る者たちは大いに沸く(アニメで見ていた私も)。その中で、月島が静かに山口にかけた言葉の空欄部分を埋めなさい。

「そんなに驚く事じゃないデショ」

「この5か月」

サーブだけは誰より練習したんだから

 

⑧18巻より。白鳥沢戦、第2セット終盤、ピンチサーバーで登場した山口。日向の「おれが居ればお前は最強だ!!」という言葉を思い出しながら、山口が心の中で月島にかけた言葉は?

答え➡「力を貸せるところまでは来たよ」

 

⑨21巻より。白鳥沢との試合後、1本しか牛島を止められなかったと悔しがる月島の言葉を遮って山口がかけた言葉は?

答え➡「カッコ悪いワケないじゃん バカなの」

 

⑩29巻より。稲荷崎戦、山口が逆転となるサービスエースを奪った場面の実況の空欄部分を埋めなさい。

「ここで出ましたサービスエース!!!」

リリーフサーバー山口忠」

役名に恥じぬ働きです!!

ハイキュー!!クイズ一覧

kyotomanga.info

漫画クイズ タイトル別一覧

kyotomanga.info

一言コメント・考察編

これから先も1年で自分だけ試合に出られないのは嫌だから

⇒山口伝説のはじまり。

「次 決めろよ」

⇒もはや大地さんの問題。このほろ苦いデビューも、春高予選の山口伝説の布石でしかないのである。

「勝負事で本当に楽しむ為には強さが要る」

⇒シンプルで、本質を突いた一言。彼らほど本気でやっていたわけではありませんが、私自身スポーツをしていたので痛いほどわかります。楽しかった思い出はあるけど、仲間とのたわいない会話とかばかりで、競技そのものに対して「楽しい」ってあまり思えなかったなあ…と。

かわいい…

⇒うん、山口、こういう女の子、好きそう。

「そんなモンッ プライド以外に何が要るんだ!!!」

月島を覚醒させた、名場面中の名場面。山口のカッコよさは言わずもがなですが、その熱意にただ身を任せるのではなく、あくまでも冷静に、「納得はできない」と他の人に意見を求める月島の姿勢に賛辞を。

「多分 自分で一番 わかってます」

⇒最早縁下の問題。縁下が次期キャプテンに推薦される所以、それは、「根性無し」の気持ちを理解できるという資質

「そんなに驚く事じゃないデショ」

「この5か月」

「サーブだけは誰より練習したんだから」

⇒これは最早月島の問題。この山口のサービスエースについては、クイズ【烏野VS青葉城西】にて語りつくしたので割愛します。

「力を貸せるところまでは来たよ」

⇒ブロックの要として成長した月島。そして、ピンチサーバーとして自信をつけた山口。この場面に至るまで、合宿中など何度もサーブ&ブロックの重要性を説く場面が登場しましたよね。サーブで崩して、ブロックに繋げるのが理想だと。日向と影山のように、わかりやすくペアと呼べる関係でなくとも、月島と山口は最高のペアだと、そう強く思わされた名言です。

「カッコ悪いワケないじゃん バカなの」

⇒これを言っているときの山口のポップな表情、言われた後の月島の表情、最高。合宿中の山口の名言がここに繋がってくるなんて、憎い演出ですよね。

「ここで出ましたサービスエース!!!」

「リリーフサーバー山口忠」

「役名に恥じぬ働きです!!」

⇒全国2位相手にサービスエースですよ…もう感動です…それにしても、この実況の人名実況すぎる。いつも見てるサッカーの試合の実況この人にやってもらいたい。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

基本的に、山口がサーブ決める場面は涙無しには見られません。

何と言っても、春高予選の青葉城西戦。

武田先生の「ヒーロー」という言葉が、全てを表しています。

ハイキュー!!セカンドシーズン、見返しましょう!!