京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

鬼滅の刃 名言・名場面クイズ 〜那田蜘蛛山編〜

鬼滅の刃 名言・名場面クイズ【那田蜘蛛山編】

今回は鬼滅の刃についてのクイズ。

範囲は、那田蜘蛛山編(4巻・5巻)

全部で10問。

当ブログのクイズの難易度はかなり高めです(友人証言)。

お一人で楽しんでいただくのはもちろん、ご友人やご家族と一緒にヒントを出し合いながらお楽しみいただくのもオススメです!!

f:id:ARSHAVIN:20211001220250j:image

問題編

①那田蜘蛛山に応援に駆け付けた炭治郎たち。はじめに遭遇した隊士に階級を告げると、「癸なんて何人来ても同じだ」と言われる。その言葉に対する伊之助の返答は?

答え➡「意味のあるなしで言ったらお前の存在自体意味がねぇんだよ」

「さっさと状況を説明しやがれ 弱味噌が!!」

 

②置き去りにされた善逸の、独り語りの空欄部分を埋めなさい。

「俺 嫌われてんのかな

「普通置いてくか?仲間を道ばたに

説得しない?仲間なら

「二人で説得してくれたらさ 行くからね 俺だって」

「それなのに二人でさ 怖い山の中へすたこらさっさですか」

置きざりにされた俺の気持ちよ」

 

③水の呼吸 伍ノ型の名称を答え、どのような剣撃か説明しなさい。

名称➡干天の慈雨

説明➡伍ノ型で斬られた者には殆ど苦痛が無く、相手が自ら頸を差し出して来た時のみ使う、慈悲の剣撃

 

④人面蜘蛛に遭遇した善逸のセリフの空欄部分を埋めなさい。

「夢であれ 夢であれ 夢であれよ お願い!!」

「夢であってくれたなら俺頑張るから」

「起きた時禰豆子ちゃんの膝枕だったりしたらもうすごい頑張る」

 

⑤善逸のじいちゃんは、善逸に何を極めろと言った?

答え➡一つのこと

 

⑥助けてもらったにも関わらず、義勇に喧嘩を売る伊之助。一通り伊之助の言葉を聞いた後の、義勇の第一声を答えなさい。

答え➡「修業し直せ 戯(たわ)け者!!」

 

⑦しのぶの登場シーン。「わぁ 凄いですね 手の平から糸を出しているんですか?」に続くセリフを答えなさい。

答え➡「こんばんは 今日は月が綺麗ですね」

 

⑧間一髪のところで炭治郎を助けた義勇。その到着時のセリフを答えなさい。

答え➡「俺が来るまでよく堪えた 後は任せろ」

 

⑨累の母親の最期の言葉は?

答え➡「丈夫な体に産んであげられなくて...ごめんね...」

 

⑩炭治郎の手に触れられ、はっきりと思い出した、累がしたかったこととは?

答え➡謝りたかった

f:id:ARSHAVIN:20211003152708j:image

鬼滅の刃 名言・名場面クイズ一覧

kyotomanga.info

漫画クイズ タイトル別一覧

kyotomanga.info

f:id:ARSHAVIN:20211003152729j:image

一言コメント・考察編

「意味のあるなしで言ったらお前の存在自体意味がねぇんだよ」

「さっさと状況を説明しやがれ 弱味噌が!!」

⇒これはクリティカルですね。モブにモブだと実感させる恐ろしいワードです。しかし、命が懸かっている状況で、精神を取り乱している相手に、「普通」や「常識」が通用しないのも道理ではないでしょうか。命を落とすことにつながりかねない、無駄な時間を費やさずにすんだ、伊之助のファインプレイでしょう。

「俺 嫌われてんのかな」

「普通置いてくか?仲間を道ばたに」

「説得しない?仲間なら」

「二人で説得してくれたらさ 行くからね 俺だって」

「それなのに二人でさ 怖い山の中へすたこらさっさですか」

「置きざりにされた俺の気持ちよ」

⇒善逸のモノローグ最高。個人的に大好きな場面です。

名称➡干天の慈雨

説明➡伍ノ型で斬られた者には殆ど苦痛が無く、相手が自ら頸を差し出して来た時のみ使う、慈悲の剣撃

⇒「問答無用で鬼ならば憎む」鬼殺隊とは違う、炭治郎の心の優しさを象徴する技。同じ水の呼吸を使う、鱗滝さんや義勇もそうですが、水の呼吸は代々心優しき者が受け継いできたんだろうなあと思うとほっこりしますね。

「夢であれ 夢であれ 夢であれよ お願い!!」

「夢であってくれたなら俺頑張るから」

「起きた時禰豆子ちゃんの膝枕だったりしたらもうすごい頑張る」

⇒それは、誰でも頑張るやろ。

一つのこと

⇒このロック・リー感がたまりませんね。気を失ってなお立ち上がるという名場面を生み出したリーと違って、善逸は気を失ってからが勝負なわけですが。

「修業し直せ 戯(たわ)け者!!」

⇒伊之助の言葉を聞き流す感じも水の呼吸の使い手っぽい。そして、力の差をひしひしと感じさせるシンプルで鋭利なセリフ。

「こんばんは 今日は月が綺麗ですね」

次元が違うと一発で感じる名言。命のやり取りをしている、いわば戦場では発せられるわけがない美しいセリフ。私が鬼なら、「終わった」と思いますね。あと、敵に敬語使うタイプは一番怖い。例えば、フリーザ。

「俺が来るまでよく堪えた 後は任せろ」

⇒え かっこよ。たまらん。

「丈夫な体に産んであげられなくて...ごめんね...」

⇒那田蜘蛛山編最高の名言。親の子に対する想いは、いつだって人の心を動かしますね。

謝りたかった

⇒累の最期。この作品が改めてすごいなと思うのは、読者の無惨に対する憎しみや怒りをすごく上手にリードしていると感じるところです。累は「無惨によって」悪の道に導かれたように描かれることで、読者は炭治郎はじめ鬼殺隊を応援する気持ちがより一層高まります。悪のカリスマは往々にして、その強さから読者が憧れてしまうことがあり、憧れてしまうと主人公を応援する気持ちが薄らいでしまいかねません。だからこそ、悪の親玉を憎むようにリードする演出が組み込まれるのではないでしょうか。BLEACHにて、藍染が雛森に酷い仕打ちをしたように。