京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【黒龍編・前半戦】東京卍リベンジャーズ 名場面・名ゼリフクイズ

東京卍リベンジャーズ 名言・名場面クイズ

今回は東京卍リベンジャーズについてのクイズ。

範囲は、VS黒龍編【前半戦】(9巻~11巻)

⇒<八戒との出会い~クリスマスの教会決戦前夜>

全部で10問。

当ブログのクイズの難易度はかなり高めです(友人証言)。

お一人で楽しんでいただくのはもちろん、ご友人やご家族と一緒にヒントを出し合いながらお楽しみいただくのもオススメです!!

f:id:ARSHAVIN:20211020173906j:image

問題編

①知らぬ間に黒龍のシマに足を踏み入れていたタケミチとヒナ。運悪く黒龍のメンバーに遭遇してしまう。ココ、イヌピーの呼びかけで2人をシめようとする黒龍メンバーに対し、八戒は手を引くよう頼む。しかし、それを聞き入れようとしないメンバーを一撃で粉砕した後の八戒のセリフは?

答え➡「帰れよ カス共」

 

②タケミチにラリアットをかました後の、柴大寿初登場時のセリフは?

答え➡「ドー はド突くのドぉぉ」

 

③千冬の解説によると、大寿が他の不良と違うところは?

答え➡暴力を"売る"こと

 

④東卍と黒龍が衝突すれば、お互いタダでは済まない状況。そんな状況を踏まえ、「オレ一人で片付ける」と意気込むタケミチ。そんなタケミチを連れ出した千冬が、タケミチに伝えたかったこととは?

答え➡「楽しくいこうぜ?」

 

⑤タイムリープのことを千冬に話してしまったタケミチ。千冬が、そんな冗談みたいな話を信じたのはなぜ?

答え➡タケミチの相棒だから

 

⑥八戒が、幼い頃三ツ谷と初めて出会ったとき、三ツ谷に言われた言葉は?

答え➡「やりすぎっしょ 暴力はさ 守る為に使えよ」

 

⑦八戒の気持ちを汲み、柚葉を解放することを条件に八戒を黒龍に引き渡した三ツ谷。そんな三ツ谷が、八戒との別れ際に八戒にかけた言葉は?

答え➡「...八戒 どんなに苦しくても 力は守る為に使えよ」「生まれた環境を憎むな 八戒」

 

⑧創設メンバーが半分になってしまったことに、想いを馳せるマイキー。そんなマイキーが三ツ谷にかけた言葉は?

答え➡「オマエはいなくなんなよ!?」

 

⑨小学生の頃、中学生に絡まれるヒナを助けたタケミチ。もう忘れてしまっていたその出来事をヒナから聞かされ、「助けに来といて負けるなんてダサすぎ」と言うタケミチに、ヒナがかけた言葉は?

答え➡「君は負けるってわかってて助けに来てくれたんだよ」「勝てる人より100倍すごいよ」「あの日ヒナは君に恋をしました」

 

⑩ヒナの父親に「別れてくれ」と頼まれ、稀咲との因縁のことも考慮し、クリスマスイブにヒナに別れを告げたタケミチ。ヒナに殴られ、雪が積もる地面の上に大の字になってタケミチが想ったことは?

答え➡「どうしよう 大好きだ」

f:id:ARSHAVIN:20211020173927j:image

東京卍リベンジャーズ 名言・名場面クイズ一覧

kyotomanga.info

漫画クイズ タイトル別一覧

kyotomanga.info

一言コメント・考察編

「帰れよ カス共」

⇒基本的には穏やかで、事を荒立てたくはないが、仲間に危険が及ぶと一変。まさに三ツ谷イズム。

「ドー はド突くのドぉぉ」

⇒何より、不意打ちのあのラリアットで生きてたタケミチの成長を感じる。

暴力を"売る"こと

⇒暴力を金に換える大寿よりも、そこに需要があるということの方がヤバい。

「楽しくいこうぜ?」

⇒千冬を好きにならねえ理由がない。そして、その後ろにいる場地も。もはや不良とは呼べない犯罪集団と闘うって状況になれば、タケミチのように気持ちや考えは暗く、闇が深くなっていくと思います。だからこそ、千冬が言った「楽しくいこう」という言葉は、場地はじめ東卍に流れる「カッコいい不良」の在り方を思い起こさせてくれる、最高の一言だったと思います。

タケミチの相棒だから

⇒タケミチに感情移入して読んでいると、涙が止まらなくなる場面。場地を救えなかった後悔が込み上げるタケミチに、「尊敬する」とまで言える千冬の人間としての偉大さに、頭が上がりません。

「やりすぎっしょ 暴力はさ 守る為に使えよ」

⇒千冬のカッコいい場面が続き、ここからは三ツ谷パート。要所要所で三ツ谷のイケメンぶりは発揮されてきましたが、遂にメインパート。幼いながらにこんなセリフが言える奴いる?学校で教わる何億倍も大事なこと、もう分かってんじゃん。

「...八戒 どんなに苦しくても 力は守る為に使えよ」

「生まれた環境を憎むな 八戒」

現代に生きる人々の抱える悩みを、その生き様と言葉で救うメシア、三ツ谷

「オマエはいなくなんなよ!?」

⇒マイキー、それは死亡フラグというやつなんですよ...

「君は負けるってわかってて助けに来てくれたんだよ」「勝てる人より100倍すごいよ」「あの日ヒナは君に恋をしました」

⇒ここは外せない名場面ですね。心から癒される。タケミチが、自分の全てを懸けて救い出そうとするその覚悟に値する、本当に素敵な女性。ヒロインがヒナだからこそ、タケミチに感情移入できて、物語に深く入り込める。まさに、ヒロインに相応しい。

「どうしよう 大好きだ」

⇒大好きだからこそ別れないといけない、そんな恋愛もあるのか... 私は、タケミチが絞り出したこの言葉が、ものすごくカッコいいと思いました。