京都×漫画

京都検定所持者の筆者が、漫画と絡めて、京都旅行がより楽しくなる、明日誰かに話したくなる情報をお届けします!◆一覧からご覧いただくのがオススメ◆

MENU

【VSペイン編をピックアップ!】NARUTO-ナルト-クイズ

NARUTO 名言・名場面クイズ

今回はNARUTOについてのクイズ。

範囲は、VSペイン編(44巻~48巻)

自来也が亡くなり、ナルトに託された、打倒ペイン。

サスケは、イタチの真実を知り、「蛇」から「鷹」へ。

そして、木ノ葉を襲撃するペイン。

壊滅した木ノ葉を救ったのは…

という感じの最高にアツいVSペイン編。

今回は、各巻4問ずつ、5巻合計20問作成しました!!

ぜひ楽しんでください!! 

当ブログのクイズの難易度はかなり高めです(友人証言)。

お一人で楽しんでいただくのはもちろん、ご友人やご家族と一緒にヒントを出し合いながらお楽しみいただくのもオススメです!!

f:id:ARSHAVIN:20210510204208j:image

問題編-44巻-

①自来也の戦死を聞かされ、落ち込むナルト。そんなナルトを夜のベンチで励ました人物と、その人物がナルトにあげたものを答えなさい。

答え➡イルカ・半分に割れるタイプのアイスの半分

 

②①の励ましの後、ナルトを立ち直らせた最後の一押しが、シカマルの言葉。そのシカマルの言葉の空欄を埋めなさい。

「自来也様のことは聞いた」

オレも師を亡くしてっからお前の気持ちが分からないでもないけどよ」

「うじうじしてても始まらねーだろ」

-中略-

「オレたちだっていつまでもガキのままじゃいられねェ」

「アスマや自来也様みてーな あんなかっけー忍になりてェならよ」

「もっとしっかりしろよ…」

「お前にはやることがあんだからよ」

 

③ナルトに仙術の説明をするフカサク。理解できないナルトのために、ガマ吉が出した例は?

*仙術:精神エネルギー+身体エネルギー+自然エネルギーを練りこんだチャクラから発動する術や技

答え➡「ソフトクリームのチョコバニラ味にミント味までくわえたらさらにうまくなる感じ」

 

④仙人になれる条件を2つ挙げなさい。

答え➡己の内に膨大なチャクラを持つ者

諦めんド根性のある者

 

<おまけのちょっと難問>

自来也の遺した暗号解読に協力した、シカマルに惚れたメガネの女性の名前は?

答え➡シホ

一言コメント編-44巻-

イルカ・半分に割れるタイプのアイスの半分。

⇒イルカとナルトの名場面はたくさんありますが、この場面もベストの場面の1つ。イルカの言葉だから、「自来也が褒めていた」という言葉も素直に受け取れたと思います。ナルトが一番欲しかった言葉をかけてあげられるイルカも素晴らしい先生です。何より、このアイスですよ。みなさん、覚えていますか?ナルトが自来也と螺旋丸の修行をしているとき、自来也に買ってきてもらって喜んだ、あのアイスですよ。本当に憎い演出です。

②「自来也様のことは聞いた」

オレも師を亡くしてっからお前の気持ちが分からないでもないけどよ」

「うじうじしてても始まらねーだろ」

-中略-

「オレたちだっていつまでもガキのままじゃいられねェ」

「アスマや自来也様みてーな あんなかっけー忍になりてェならよ」

「もっとしっかりしろよ…」

「お前にはやることがあんだからよ」

⇒将来、サスケとは違う意味で、シカマルがナルトを支えると確信した場面。イルカが「大人」の立場から自来也の想いを届けて悲しみを埋め、シカマルが「仲間」の立場から託された責任を自覚させ、1人じゃないことを実感させた。自来也というかけがえのない存在を失ったナルトを立ち直らせた、2人のファインプレー。それぞれがそれぞれにしかできないやり方でナルトを勇気づけた。「お前、もう十分かっけー忍じゃねえか」とシカマルにツッコみたくなるほどシカマルがカッコよかった場面。1つ目の空欄は難易度めちゃ高ですが、アスマのことに触れていたのでどうしても問題にしたかったです…すいません…2つ目が合ってれば〇でいいです(笑)

「ソフトクリームのチョコバニラ味にミント味までくわえたらさらにうまくなる感じ」

⇒個人的にはチョコバニラのままでお願いします。

・己の内に膨大なチャクラを持つ者

・諦めんド根性のある者

⇒フカサクの伝え方、ナルトののせ方が上手い…自来也のことを知り尽くしているからこそ、弟子に引き継げる言葉って感じですね。それにしても、2番目はともかく、1番目は必須な条件だと思うのですが、カブトは内にそんなチャクラあったのかな… カカシと同じくらいだったはずだけど、大蛇丸取り込んで増えた?でも大蛇丸のチャクラは「己の内なるチャクラ」に含まれるのかな?

f:id:ARSHAVIN:20210510204227j:image

問題編-45巻-

⑤万華鏡写輪眼による幻術も効かず、尾獣化までしたビー。本気を出したビーから身を挺して一行をかばって戦闘不能の水月。重吾はサスケを生き延びさせるためにチャクラをほとんど使い果たす。そんな絶望的な状況の中、サスケが放った逆転の一手は何の術?

答え➡天照

 

⑥自来也が最初に書いた小説、「ド根性忍伝」。そこに登場した忍のセリフの空欄を埋めなさい。

敵「諦めろ」

「一言いいか…」

敵「聞く気はねェ… もうくたばれ!!」

オレが諦めるのを… 諦めろ

 

⑦遂に木ノ葉の里を襲撃開始したペイン。イルカが襲われたとき、間一髪のところで助けたのは誰?

答え➡カカシ

 

⑧「自来也、そして猿飛先生や砂のチヨ様にあってアンタ達に無いもの…」

「それが何だか分かるか?」

それは何?

*誰のセリフか、アンタとは誰か、どの場面か、諸々ノーヒントです。名場面なので。

答え➡「信じる力だ!!」

 

<おまけの超難問>

サクラがペインの攻撃から救った女の子の名前は?

答え➡たみちゃん

一言コメント編-45巻-

天照

⇒天照がどれだけ強い術か、改めて実感した場面。何より、天照を出す前ですよ。自分のために身を捧げた仲間のことを思い出して、第七班のこと思い出してるじゃねえか…

⑥敵「諦めろ」

「一言いいか…」

敵「聞く気はねェ… もうくたばれ!!」

オレが諦めるのを… 諦めろ

⇒「サインはやらない」って自来也に言われたときのことを思い出して、「…もっと大切なもんもらってっからよ」と思うナルトも感動です。

カカシ

木の葉丸と答えた人は上級者の引っかかり方をしていますね。このカカシ登場シーンの、左上からのアングル、ハンパじゃないくらいカッコいいので見返してみてください。

「信じる力だ!!」

⇒綱手様、カッコいい…上に立つ者として理想ですね。それにしても、相談役、道を間違えすぎだろ… イタチの時もだぞ、お前ら。マジで。いい加減にしろよ。って思ってる読者の怒りを見事にぶつけてくれました。

f:id:ARSHAVIN:20210517042210j:image

問題編-46巻-

⑨チョウジが綱手に伝達したペインの情報。以下の情報を完成させなさい。

 

性別:

年齢:25~30

特徴:鼻に六つ、耳に七つのピアス

能力:引力と斥力のような術を使用。己の狙った物を自分へと引きつけることが可能。そして忍術の全ての攻撃を弾く事ができる。

術のインターバル:五秒

 

⑩チョウジが、カカシの安否を尋ねたときの綱手のセリフは?

答え➡「早く行け チョウジ」

 

⑪遂に綱手のもとにたどり着いたペイン。綱手とペインのやり取りの、空欄部分を埋めなさい。【綱手=黄色ペイン=赤

「五影をなめるな!我々の先代達が求めそして維持しようと努めてきた安定を崩そうとするお前らテロリストが何を言っても無意味だ!!」

驕るな

「お前達の平和が我々への暴力なのだ」

-中略-

「ナルトの居場所を言え」

「今は我々の持てる全ての力を注ぎお前達をたたく!それだけの事!」

「それにお前は一つ勘違いをしている」

「お前達が一番欲しがっているものは手に入りはしない!」

「…木ノ葉の忍がナルトを庇いきれると思っているならそれは…」

「違う」

「?」

ナルトは… 強いぞ

 

⑫ペインが神羅天征で木ノ葉の里を壊滅させたとき、術を使う前に言った一言は?

答え➡「ここより世界に痛みを」

 

<おまけの超難問>

神羅天征からヒナタをかばった忍の名前は?

答え➡コウ

一言コメント編-46巻-

⑨性別:

年齢:25~30

特徴:鼻に六つ、耳に七つのピアス

能力:引力と斥力のような術を使用。己の狙った物を自分へと引きつけることが可能。そして忍術の全ての攻撃を弾く事ができる。

術のインターバル:五秒

⇒チョウジのこの立派な伝達。チョウジも成長しましたね… (第10問に続く)

「早く行け チョウジ」

⇒なんやかんや生きてるんでしょ?という読者の淡い期待を打ち砕いた綱手のセリフ。自来也が死んだ傷も癒えてないっていうのに、カカシ先生まで… この巻は絶望の巻でしたね。カカシ先生が、死んでしまった…

「五影をなめるな!我々の先代達が求めそして維持しようと努めてきた安定を崩そうとするお前らテロリストが何を言っても無意味だ!!」

驕るな

「お前達の平和が我々への暴力なのだ」

-中略-

「ナルトの居場所を言え」

「今は我々の持てる全ての力を注ぎお前達をたたく!それだけの事!」

「それにお前は一つ勘違いをしている」

「お前達が一番欲しがっているものは手に入りはしない!」

「…木ノ葉の忍がナルトを庇いきれると思っているならそれは…」

「違う」

「?」

ナルトは… 強いぞ

⇒綱手とペインの名言をまとめて問題にしました。この言葉の応酬、痺れましたね。個人的に好きなのはペインの方。一瞬タメて、ページを開いたら「驕るな」。カカシ先生を殺した恨みが吹き飛ぶほどのカリスマっぷりを見せつけられてしまいました。

「ここより世界に痛みを」

⇒「痛みを知れ」と答えた人は上級者の間違い方をしていますね。問題にしようがなかったのでできませんでしたが、ナルトが帰還したとき、綱手に聞くんですよね、「カカシ先生は任務で里の外に出てんのか?」って。それに何も答えられない綱手も見ていて辛かったですが、そのときのナルトの後ろ姿ですよ。悲しさと怒りが入り混じったような… 背中だけでこんなに語れるかっていう、見事な画力に感動したのを覚えている大好きな場面を紹介しておきます。

f:id:ARSHAVIN:20210510204252j:image

問題編-47巻-

⑬ナルトを捕えたペイン。そのとき、ナルトに話したセリフの空欄部分を埋めなさい。

「だが… オレの家族を オレの仲間を オレの里を…」

「この里と同じようにしたお前達木ノ葉の忍だけが…」

平和正義を口にする事を許される訳ではないだろう?」

 

⑭ナルトを助けるためにペインの前に飛び出したヒナタ。そのときヒナタが使った術は?

答え➡柔歩双獅拳

 

⑮九尾の封印が解ける寸前、四代目火影に出会うことができたナルト。父親と初めて顔を合わせたナルトは、ミナトに何をした?

答え➡腹パン

 

⑯最後のペインを倒した術は?

答え➡螺旋丸

 

<おまけのちょっと難問>

ナルトが暴走したとき、ヤマトと一緒にいたのは誰と誰?

答え➡みたらしアンコとサイ

一言コメント編-47巻-

⑬「だが… オレの家族を オレの仲間を オレの里を…」

「この里と同じようにしたお前達木ノ葉の忍だけが…」

平和正義を口にする事を許される訳ではないだろう?」

⇒ペイン(もう長門ってばれてますね)のセリフの中でも、「驕るな」と同じくらい好きなセリフ。カカシが死んで、シズネも死んで、フカサクも死んで… 「最悪」の敵だと思っていた奴から聞かされる、衝撃の事実。こういう、何が正義かわからなくなる展開や、そうさせる敵のバックボーンが好きなんですよ。ペインの肩も持ち始める自分がいることへの不思議な感覚。たまりません。

柔歩双獅拳

⇒ヒナタの素敵なセリフが満載の場面。問題にしても良かったのですが、ここは読み返していただきたい。わかりません、わかりませんが、ここで飛び出したヒナタと、飛び出さなかったサクラ、将来のパートナーを決める分岐点はここだったのではないかと思います。

腹パン

⇒ここで再登場しますか、四代目火影。どこまでもカッコいい忍だこと。「オレはお前を信じてる」。ナルトは、色んな人から信頼されるようになってきましたが、イルカよりも、カカシよりも、自来也よりも、父親のこの言葉が嬉しかったんじゃないでしょうか。

螺旋丸

⇒螺旋手裏剣じゃないんですよ、これが。角都と戦ったときの、ヤマトの「以前のナルトとは大違いですよ」という言葉を思い出すほどの知略。本当に賢くなりましたね... まあ、戦いにおいては元々センスありましたからね。ネジを倒したときもそう、カブトを倒したときもそう…色々思い出しますね。

f:id:ARSHAVIN:20210510204303j:image

問題編-48巻-

⑰最後のペインを倒し、長門のところへ一人で向かおうとするナルト。それを止めるいのいちを説得したシカクが思い出した、シカマルのセリフの空欄部分を埋めなさい。

「…あいつは皆にはない何かを持ってる…」

「あいつはこの里にとって大切な忍になる…」

「ナルトといると… オレはあいつと一緒に歩いて行きてぇ… そう思わされんだ」

 

⑱長門の最大の痛みは?二つ答えなさい。

答え➡両親の死・弥彦の死

 

⑲長門と分かり合い全てが終わった後、小南と話すナルト。その別れ際、ナルトに紙の花束を渡したときの小南のセリフは?

答え➡「今度こそ… お前は散ることのない希望の花であってくれ」

 

⑳里へ戻って来たナルトを歓迎する皆。胴上げされる姿を見て、イルカが涙を流しながら思ったセリフは?

答え➡「今 目の前に 英雄がいます!」

 

<おまけの超難問>

ヤマトが里復興のために使った術は?

答え➡木遁・連柱家の術

一言コメント編-48巻-

⑰「…あいつは皆にはない何かを持ってる…」

「あいつはこの里にとって大切な忍になる…」

「ナルトといると… オレはあいつと一緒に歩いて行きてぇ… そう思わされんだ」

⇒結局シカマルじゃねえか。でも、息子の言葉を「信じる」シカクもやっぱりカッコいい。この親にして、この子あり。って感じですね。

両親の死・弥彦の死

⇒長門の過去編を読むと、「だが… オレの家族を オレの仲間を オレの里を…」「この里と同じようにしたお前達木ノ葉の忍だけが…」「平和と正義を口にする事を許される訳ではないだろう?」 このセリフの重みが増しますよね。そして、裏で暗躍していたのは、ダンゾウ。ちょ、お前マジで、何回やらかしてんねん、イタチのときもお前やんけ、って思いましたが、綱手みたいに誰か言ってくれなかったのでフラストレーション溜まりましたね。

「今度こそ… お前は散ることのない希望の花であってくれ」

⇒NARUTOは、不動の最も好きな作品です。「一番好きな漫画は?」って聞かれたら、一ミリも迷うことなくNARUTOって答えます。だからこそと言うべきか、「一番好きな女性キャラは?」と聞かれると難しいのです(男性キャラはイタチ一択)。ですが、小南が一歩リードしていることは間違いありません。それほど、この場面が大好きです。自分の術を贈り物として使うところ、このセリフの言い回し、全てが最高に素敵です。そして、小南のもう一つの山場は後々訪れるのですが、その場面と合わせて本当に魅力的なキャラです。

*起爆札とかえる板の場面と言えばわかりますよね。

「今 目の前に 英雄がいます!」

前述の小南のセリフで泣き始めます。その後のカカシ先生がナルトをおぶって、「重くなったな」で更に泣きます。で、この場面が来るってことを思い出してさらに泣きます。最後に、実際にこの場面を読んで崩壊。何十回、何百回読んでも絶対に泣くこの場面。ペイン編、最高の終わり方です。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

20問は本当に大変。長い。多い。

チャレンジしてくださった方も同じ感想でしょうね(笑)

このペイン編について言いたいことはコメントに記しました。

ですので、最後に一言だけ。

NARUTOは人生の教科書です。

NARUTOクイズ一覧

kyotomanga.info

漫画クイズ タイトル別一覧

kyotomanga.info