京都×漫画

漫画愛にあふれたクイズ、ぜひ楽しんでください★また、京都検定所持者でもある筆者が、漫画と絡めて『京都旅行がより楽しくなる・明日誰かに話したくなる』京都情報をお届けします★

MENU

【リアル四宮家・蛤御門の由来】京都御苑×かぐや様は告らせたい

京都御苑基礎情報

京都の観光名所の1つ、京都御苑

「きょうとぎょえん」と読みます。

地下鉄丸太町駅から徒歩で行けるという、市内でも都会にありながら、たくさんの自然に触れることができる素晴らしい公園です。

f:id:ARSHAVIN:20210801221955j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801222003j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801221949j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801221952j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801221959j:image

◆京都観光にオススメ【烏丸線】京都地下鉄紹介 - 京都×漫画

南北は約1300m、東西は約700mという広大な土地の中に、京都御所・大宮御所・仙洞御所の3つの御所があります。

 

京都御苑と京都御所って何が違うの?

となることがありますが、

京都御所の周りに整備された公園全体を指す言葉が京都御苑だと思ってください。

3つもの御所があるわけですから、自然だけではなく歴史的な見どころも多い京都御苑。

 

とにかく広い。

夏に訪れると、敷き詰められた小石?砂利?に太陽の光が反射して上からも下からも暑い。

運動できる格好で訪れた方が良いと思いますよ。

 

今回は、京都御苑の面白い歴史の中から、2つピックアップしてご紹介!!

【かぐや様】リアル四宮家・『九条家』

京都御苑の見どころの1つが、九条邸跡

池の岬にある茶室・拾翠亭(しゅうすいてい)と、池の中に鎮座する厳島神社くらいしか現存していませんが、かつては広大な敷地を有していたとされます。

f:id:ARSHAVIN:20210801222056j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801222044j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801222050j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801222100j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801222053j:image

それでは、九条家とは何者か。

九条家は、五摂家の一角を担った貴族です。

五摂家とは、藤原氏の血筋を持つ公家の中でも最高の格式を与えられた五家のことです。

つまり、公家の頂点

近衛家・鷹司家・九条家・二条家・一条家がそれにあたります。

 

摂政・関白という、政治の実権を握る役職があった時代に、この職に就けたのは、この五摂家の者のみでした。

日本の頂点に立つには、この最強の一族に属していなければならなかったのです。

あの秀吉も、近衛家と親子関係を結ばなければ関白になれなかったほどです。

 

そう、まさにリアル四宮家。

日本を牛耳るあの四宮家のモチーフなのではないかと疑ってしまうほどです。

なんか、数字が家名に入っているのもそれっぽいじゃないですか。

九条家のお嬢様は、早坂みたいなスーパーメイドに仕えてもらったり、国の中枢機関のご子息とお友達になったり、めちゃくちゃ勉強ができるも貴族の出ではない男の子に恋心を抱いたりしたのでしょうか…

蛤御門の名前の由来

京都御苑には、門が9つあります。

それらの門には、〇〇御門のように、「門」に尊敬の意を示す「御」がつけられており、これは非常に珍しいものです。

実際、東京の皇居の門には、「御」はつけられていません。例えば、歴史の教科書でおなじみ、桜田門のようにです。

 

そんな9つの門の中で、唯一生物の名を冠する門が、蛤御門です。

少し歴史を深めた人ならご存知の、

蛤御門の変の舞台。

京都を追われた長州藩VS幕府・薩摩藩らの戦いです。

このときの戦火が、東本願寺や本能寺を含む4万に達すると言われる家屋を焼き尽くし、京都市中心部は大きな傷を負いました。

今でも、実際に蛤御門に足を運ぶと、そのときの銃弾の跡を見ることができます。

(と言われていますが、私はどれが銃弾の跡か見つけられませんでした…)

f:id:ARSHAVIN:20210801222149j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801222146j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801222154j:image
f:id:ARSHAVIN:20210801222158j:image

さて、珍しい名前を持つ蛤御門の由来はなんでしょうか。

元々の正式名称を新在家御門と言うこの門、禁門=開かずの門として有名でした。

しかし、1788年に天明の大火という大火事が起こり、京都御所もその火に襲われたのです。

その際、人々を避難させるため、普段開かない新在家御門が開かれたのです。

『火であぶられて開かない門が開く、その様子が正に蛤ではないか』、ということで誰からともなく蛤御門と呼ばれるようになりました。

もちろん災害が原因なので茶化すのは良くないとは思いますが、とてつもないネーミングセンスだと思わずにはいられません。

★オススメ観光地★

kyotomanga.info

★文化編:おすすめスイーツ・人物伝など★

kyotomanga.info